■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■安倍-麻生-安倍

<自民総裁選>3氏記者会見 安倍・麻生対谷垣の構図鮮明に(毎日新聞)
 自民党総裁選に立候補した安倍晋三官房長官(51)、谷垣禎一財務相(61)、麻生太郎外相(65)は8日午後、党本部で共同記者会見した。財政再建問題で安倍、麻生氏が経済成長路線を強調したのに対し、谷垣氏は消費税率引き上げを主張し対抗。アジア外交では谷垣氏が靖国神社参拝自粛の考えを示し、安倍、麻生両氏は中国へのけん制も言及するなど、「安倍・麻生対谷垣」の図式が鮮明になった。安倍氏の優位は揺るがない情勢で、党内では20日の投開票を前に人事をめぐる駆け引きも活発化しそうだ。
◆経済・財政
 財政再建で谷垣氏は会見で2010年代半ばまでに消費税率を10%程度に引き上げ、社会保障目的税化する考えを強調した。一方、安倍氏は「成長戦略を政策にして実行したい」と、IT(情報技術)分野投資に対する優遇税の検討を表明。麻生氏も経済成長を優先すべきだと力を込めた。
 ただ安倍氏はこの後、日本テレビの報道番組で消費税率について「いずれ上げなければならない。09年度に基礎年金の国庫負担を2分の1に上げることを頭に入れて抜本改革をすべきだ」と述べ、08年通常国会に消費税率引き上げ法案を提出する考えを示唆。論戦を意識してか、具体的に言及し始めている。
◆アジア外交
 安倍氏は、11月にベトナムで開かれるアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議などの場を利用して、年内に日中首脳会談の実現を目指す意向をすでに固めている。会見でも「両国の首脳が胸襟を開いて話ができる環境を作る努力をしていきたい。中国、韓国とも一歩前に出ていただかないとならない」と首脳会談開催に強い意欲を表明。ただ「問題があるから会わないというのは逆ではないか」とも述べ、靖国問題を理由に首脳会談に応じない中国の姿勢を暗に批判した。
 谷垣氏は「日本はアジアのリーダーという寛容な態度を持つ必要がある」と参拝自粛を改めて強調した。麻生氏は「自分なら中国、韓国の元首、大統領に会える形に導いていける」とアピールした。
◆小泉改革路線
 安倍氏は、閣僚・党役員人事でも派閥推薦を受けない「小泉流」を基本的に踏襲する考えを表明したが、同時に「謙虚にどういう人材が党内にいるのか意見を聞きながら、最後は1人で決めたい」と語り、党内の意見にも配慮する考えを示した。谷垣氏は「日本はどういう方向に歩んでいくのかというメッセージは小泉さんから十分に出ていない」と批判。麻生氏も小泉改革について「破壊、解体後にどんな家を建てるかをあらかじめ見せられなかった」と指摘した。【佐藤千矢子】
 ◇会見要旨
 自民党総裁選に立候補した安倍晋三官房長官、谷垣禎一財務相、麻生太郎外相による8日の記者会見の要旨は次の通り。
 【小泉政権の評価】
安倍氏 小泉首相の決断力は学ぶべき点で、リーダーシップも優れたものがあった。私情を捨てて思い切った判断をする。一方、弱い立場の人たちに政治がメッセージを発する点は少し欠けていたかもしれない。
谷垣氏 過去の成功体験、既得権は壊しにくいが、それを思い切ってぶっ壊したことは学ぶべき点だ。だが、この次に日本はどういう方向に歩んでいくのか必ずしも十分なメッセージを出せなかった。
麻生氏 どす黒いまでの孤独に耐えるところは見習ってしかるべきだ。時代に合わなくなった組織は破棄するが、破壊・解体後にどんな家を建てるかをあらかじめ見せることがなかったことが必要以上に不安をあおった。
 【中韓両国との関係】
安倍氏 国と国が国境を接していれば政治問題は当然起こる。問題があるからこそ会うのが大切だ。お互いが努力することであり、両国の首脳が胸襟を開いて話ができる環境をつくる努力は当然していきたい。日本は常にドアを開いている。中国、韓国とも一歩前に出ていただかないとならない。
谷垣氏 アジアのリーダーという寛容な態度を日本は持つ必要がある。首相になれば靖国参拝を控えるのはそういう意味合いで、近隣の国民感情に配慮しながら日本のイニシアチブを傷つけない姿勢が必要だ。(会談は)前提が整えばできる。
麻生氏 首脳会談ができない状態は明らかに異常だ。我々は「会う用意がある」と言っているが、先方が「会わない」と言っている。首相になれば中国・韓国の元首、大統領に会える形に導いていける。
 【経済・財政問題、消費税】
安倍氏 日本の人口は減少し始めたが、(経済)成長するエネルギーをしっかり持ち続ける国でなければいけない。一つは人材育成であり、大切な(成長)分野に投資を促していく税制などの政策を打ち、国を開いて海外からの投資も促す。成長しなければ、格差や社会保障の問題、少子化対策、財政再建も解決することはできない。
谷垣氏 GDP(国内総生産)の150%に達するような長期債務を日本は背負っていて、のんびりできない。社会保障目的に消費税を充てることをはっきりさせて不安を取り除き、将来の設計図を示したい。
麻生氏 名目成長率で2%ぐらいが2、3年続くことで、経営者・民間は景気の先行きに自信が持てる。その背中を少し押してやる姿勢が大切で、それが結果的に税収を伸ばす。財政、地方経済などの問題に対応する余力を持つには経済成長は大事な視点だ。

もう谷垣のような外交路線を歩む政治家を、日本人は自分達の代表として
選ぶことは無いだろう。谷垣には谷垣の活かし方がある。
二階のような野郎よりはまだマシなだけだが。

麻生さんもいつか総理になる存在である(と信じている)。
今は風向きが少しずれているが、安倍さんの政権も決して磐石ではない。
来年の選挙によってどうなるかわからない。

まずは安倍さんに少しやってもらって、麻生さんの2,3期の中長期政権。
その政権で勉強して成長した安倍さんが再度、今度は長期政権で
日本を「普通の国」に導いていく。
平沼さんなどは、その間ずっと政府中枢でご意見いただく。

そういうのって結構いけてるんじゃないのかなあ・・・
関連記事
スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

Blue Ribbon News

ブログ内検索

賛同

有害指定?

キッズgooはじかれサイト同盟
当ブログはキッズgooにより
なんと有害指定されています

NO MORE ASAHI!

朝日新聞購読拒否
ネタ以外で朝日新聞は読みません

文楽みくじ

「小倉百人一首」

問い合わせ先

カウンター

ブログランキング・にほんブログ村へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。