■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■無防備で外道と鬼畜が好き放題

無防備宣言 堺に平和を 17日集い(asahi.com)
 戦争をしない、させない平和なまちをつくろうと、堺市の市民有志が「平和・無防備地域条例を実現する市民の会」を結成、11月にも条例制定に向けて直接請求の署名運動に乗り出す。17日には、多くの市民に無防備地域宣言について理解してもらおうと、東京・国立市で条例案が提出された際に賛成の意見書を議会に出した上原公子市長と語る集いを開く。

 同会は今年6月、福祉関係者、公務員、助産師、看護師など30人でつくった。無防備地域宣言運動全国ネットワークの事務局長や大学教授などの専門家を招いて学習会を開いてきた。

 条例は、無防備地域への攻撃を禁じたジュネーブ条約追加第1議定書の規定に基づいている。戦争が起きると多くの住民が犠牲になるが、同宣言をして、戦争に協力しないことで地域と住民の安全を確保しようという考え。戦闘員・移動兵器の撤去、固定した軍用施設の使用禁止など四つの条件を満たせば宣言することができるという。条例制定へ向けた直接請求には有権者の50分の1以上の署名が必要だ。

 国内で条例化へ向けた運動は、これまでに大阪市や枚方、西宮(兵庫)、大津、高槻の各市などに広がった。今夏までに全国で10以上の自治体で、住民による直接請求があったが、条例案は、いずれも議会で否決された。ただ、国立市では上原市長が「追加議定書を生かしたまちづくりは、現実的な平和政策として最も効果的である」と、賛成の意見書を出した。

 集いは17日午後1時から、堺区田出井町のサンスクエア堺(JR堺市駅西)である。資料代500円。同会は「この集いを盛り上げて、署名運動を成功させたい」と話している。問い合わせは同会の菊地雅俊事務局長(090・1671・4525)へ。

ああああ・・・「また大阪か」との声が耳鳴りのように(泣)

社民倍部婆の高槻ならまだしも、
堺市はあの西村眞悟代議士の選出区でもあります。
1/50でも署名が集まるとは思いたくないが・・・。

「戦争をしない、させない平和なまち」という理解不可能な
イマジン妄想で人々を惑わすのは今すぐに止めて欲しい。

「堺に平和を」ってヘッダだけみても、正に自分達のことしか考えない
「公」が無い「私」だけの気持ち悪い人間が考えた代物だって
まるわかりでしょうが。
関連記事
スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

■トラックバック

■箕面市長の無防備宣言の愚

昨年11月、「箕面市も他人事ではない「無防備地域宣言」の愚」として、箕面市長をはじめとする自称「市民派」グループが熱心に推進する「無防備地域宣言」の危険性と無責任さについて警告したが、どうやらまったく懲りていないようだ。なんと最近では、自称「市民派」グル

Blue Ribbon News

ブログ内検索

賛同

有害指定?

キッズgooはじかれサイト同盟
当ブログはキッズgooにより
なんと有害指定されています

NO MORE ASAHI!

朝日新聞購読拒否
ネタ以外で朝日新聞は読みません

文楽みくじ

「小倉百人一首」

問い合わせ先

カウンター

ブログランキング・にほんブログ村へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。