■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■あくまで見世物

サッカー日本代表 対ホンジュラス戦

5-4で勝利ですが、誰も納得して無いでしょう。
4点も取られて、しかも攻めて取られるならまだましで、
ミスと集中できて無い時間にやられてる。

ほんま、ウイングでははくサイドバックで三都主を使う意味がわからん。
国歌に敬意を表するあの態度のみ、今回は特に、それと小笠原へのアシスト、
この2点でしか評価するポイントが無い。
確実に決めてくる相手に三都主が穴になる4バックはつらい。

そして欧州6人組。
確かにFWは点を取ったが、こんなサッカーは見世物以外何者でもない。
この試合にはスポーツを感じなかった。

欧州の強豪クラブじゃあるまいし、知名度のある選手を集めて
親善試合をするなんて、日本はまだまだ20年は早い。

ホンジュラスのみなさまには、こんなふざけた経済ゲームの一旦に
のっかって頂いて大変恐縮しております。
みなさまの実力は、いつかまた見せていただきたく思います。
関連記事
スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

■トラックバック

■サッカー(ホンジュラスとノーガード)

「キリンチャレンジカップ2005 -Go for 2006!-」のホンジュラス戦 in 宮城スタジアム・・・ジーコJapan、タガがゆるんでしまったか? まるでノーガードの打ち合いではないか、前半1-3も、なんとか持ち直して面目を保ったのは、W中田のお陰かもね・・・それにしても中南

Blue Ribbon News

ブログ内検索

賛同

有害指定?

キッズgooはじかれサイト同盟
当ブログはキッズgooにより
なんと有害指定されています

NO MORE ASAHI!

朝日新聞購読拒否
ネタ以外で朝日新聞は読みません

文楽みくじ

「小倉百人一首」

問い合わせ先

カウンター

ブログランキング・にほんブログ村へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。