■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■これほどまでに馬鹿なのか

核論議、二階国対委員長が首相の責任論に言及(Sankei Web)
 中川昭一政調会長や麻生太郎外相が核論議を提起した問題で、自民党の二階俊博国対委員長は5日、NHKの討論番組で、「誤解を招きかねない発言であり、重要な立場の人は慎むべきだ」と批判、「任命権者の責任を問われる事態になりかねない」と述べた。安倍晋三首相の任命責任に言及することで、中川氏らを強く牽制したものだが、臨時国会への影響を考慮し、核論議を押さえ込もうとする与党内の動きは週明けからさらに加速しそうだ。

 「非核三原則は国是だ。日本は好戦的な国ではないとようやく理解されるようになったのに、国会中に急にこういう議論を持ち込むことについて少し考えてほしい」

 二階氏が番組でこう切り出すと、公明党の漆原良夫国対委員長も「首相の指導力が問われることになりかねない」と同調。これに意を強くした野党側も「日本が核保有すべきだという誤ったメッセージを国際社会に大きく広げる」(高木義明・民主党国対委員長)、「安倍内閣は核武装検討内閣だ」(穀田恵二・共産党国対委員長)などと中川バッシングを繰り広げた。さらに野党側はこの問題に関して衆院予算委員会での集中審議を求めた。二階氏は集中審議の開催は拒否したが、「自民党は『自浄作用』を必ず発揮する」と述べ、核論議そのものが、「不浄なもの」との考えを抱いていることをうかがわせた。

 核論議をめぐって、安倍首相は政府・与党内で正式に議論することはないとしながらも「議論を封殺することはできない」と述べ、自民党の中川秀直幹事長も「中長期の意見を封殺してはいけない」と同調している。

 二階氏の発言は、佳境を迎えている教育基本法改正案の審議などへの影響を最小限に抑えようとの意図があるものとみられるが、逆に野党側に格好の攻撃材料を提供した形になった。

 二階氏と安倍首相は、かつては対中外交や人権擁護法案への対応をめぐり対立したこともあり、「二階氏は存在感を示すために計算ずくで発言した」(自民中堅)との見方も出ている。

 二階氏は5日、記者団に「国会議員に言論の自由が保障されるのは当然だが、何を言ってもいいわけではない。まあ賢明なリーダーたちなので心配ないでしょう」と語ったが、核論議で自民党幹部が野党と同調したことは、与党内の新たな波乱要因となりそうだ。

どこまで馬鹿なのだ二階のクソは。
こんな人間の周りで仕事をしている日本人がいることが不思議でならん。
しかも公明・民主・共産の正に売国列伝というに相応しい連中の同調。

二階のように、「議論さえだめ」と主張する下劣奸は早く自民を出よ。
そして売国列伝に名を連ねよ。
その後、民主に少数いるまともな政治家が自民に合流せよ。
それでこそ憂国と売国の二大政党制だ。
関連記事
スポンサーサイト

■コメント

■ [ポール]

民主の顔の連中も、昔はそれほど悪くなかったですね。
政権奪取のために自分の意見どころか、国を売るところまできてますからね。
救いようがありません。

二階、ほんまにむかつきますね。
なんでこんなゴミ野郎がデカイ顔して国会にその汚い足を踏み入れているのでしょうか?
ぼくはアホなのでわからないことも多いのですが、これはほんまに分かりません。

■ [橘]

 民主の代表におさまっている『壊し屋』さんも、鳩ぽっぽさんも、以前はそんな事言ってなかったのに…

 今はネットで過去の言動がすぐに検索できるから、世間が忘れてると思ってたら大間違いですね。

 二階に至っては、『お前がクビだ』になるんじゃなかろうか。

 相手は核を持ち、人攫いなんぞ屁とも思わないキチガイ国家なのだから、それなりの対応の選択肢を持つことは至極当然です。

 あくまで『選択肢』ですから。
 政治家だったら選択肢と選択の言葉の違い位わかれよ!
■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

Blue Ribbon News

ブログ内検索

賛同

有害指定?

キッズgooはじかれサイト同盟
当ブログはキッズgooにより
なんと有害指定されています

NO MORE ASAHI!

朝日新聞購読拒否
ネタ以外で朝日新聞は読みません

文楽みくじ

「小倉百人一首」

問い合わせ先

カウンター

ブログランキング・にほんブログ村へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。