■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■ちょい前の記事

ちょっと前の記事だけど、現在でもアクセスランキングの上位だったので
読んでみた。
そういえばなんかちら見したような気がしないでもない。

靖国神社に参拝する朝鮮皇族の写真…韓国初公開(朝鮮日報)

 朝鮮皇族らが1941年10月に日本の皇族とともに靖国神社を参拝する様子を写した写真が韓国で初めて公開された。

 写真収集家の鄭成吉(チョン・ソンギル)氏(大邱・東山病院博物館名誉館長)は13日、日本の皇族らの靖国神社参拝風景を収めた写真が掲載された『靖国神社臨時大祭記念写真帖』を本紙に公開した。

 1853年の開港以後、日本が行った11の戦争における戦没者、計246万人を祀っているのが靖国神社だ。1978年に東条英機など太平洋戦争のA級戦犯14人が合祀されたため、日本の首相らが靖国を参拝することに対して韓国と中国が強く反発している東アジア外交紛争の現場でもある。


 この写真帖には昨年7月に亡くなった大韓帝国最後の皇世孫・李玖(イ・グ、高宗皇帝の孫であり、英親王の息子/右から3番目)をはじめ、イ・グン(一番右)、イ・チュン(右から2番目)ら朝鮮王族3人が日本の皇族らと並んで靖国神社を参拝する写真が含まれている。イ・グン、イ・チュンは義親王(高宗皇帝の次男)の孫だ。


 のみならず、この写真帖には日本に人質として連れていかれた朝鮮最後の王族・英親王の妃である李方子女史(右から2番目)も登場する。李方子女史は天皇皇后両陛下のすぐ後ろ、2番目の列で靖国神社参拝の列に加わっている。また、王族らの後に続き、太平洋戦争のA級戦犯・東条英機が参拝する姿も写真の中に収められている。

 この写真帖に掲載された写真は皇室専属の写真家が撮影したもので、皇族や祭礼に出席した人にのみ配られる非売品であることが判明している。

 ソウル大国史学科の李泰鎮(イ・テジン)教授は「1941年は日本が太平洋戦争を目前に控えた時期であり、戦争を前にして朝鮮人の動員を引き出す目的で強制的に靖国神社に参拝させたようだ。これは朝鮮を植民地として服属させたということを意味するものであり、絶対に自発的な参拝ではないだろう」と説明した。

朴蘭姫(パク・ランヒ)記者


希望的観測かいな。

どう読んでもそれしかコメントでけへんわ。
これで記事にできんねんから、これまたたいしたもんやなぁ。
まあ書くもんにとったら、らくちんでええけども。
関連記事
スポンサーサイト

■コメント

■ [ポール]

彼らもいくつかの「真実」に触れたんじゃないですかね。
でも「そんなはずはない(ウリナラマンセー)」と拒否反応を起して、それで希望的観測に及んだのかも。

まあそれでちょっとは自分を省みるのが日本人ですが、どうやら朝鮮人はそれができないようです。
ニッテイの期間が短すぎましたかね。
世界に申し訳ないですね、ニッテイの期間が短すぎていわゆる「鮮人」を世界にばら撒いてしまったこと。。。

■ [橘]

 鮮人も台湾人も志願兵の倍率がものすごい事になっていたんですがね。

 こちらはちゃんと記録残ってますから、『~ようだ』なんてあやふやな話じゃないですよ。
 
 しかし、自分がそう判断しただけの事で『歴史認識』なんて言われてもね… (苦笑)

 
■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

Blue Ribbon News

ブログ内検索

賛同

有害指定?

キッズgooはじかれサイト同盟
当ブログはキッズgooにより
なんと有害指定されています

NO MORE ASAHI!

朝日新聞購読拒否
ネタ以外で朝日新聞は読みません

文楽みくじ

「小倉百人一首」

問い合わせ先

カウンター

ブログランキング・にほんブログ村へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。