■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■頭が足を引っ張るな

下村官房副長官、河野談話「再検討が必要」(NIKKEI NET)
下村博文官房副長官は25日、都内の講演で、従軍慰安婦への旧日本軍の関与を認めた1993年の河野洋平官房長官談話について「もう少し事実関係を研究し、時間をかけて客観的な事実を収集して考えるべきではないか」と指摘し、再検討の必要があるとの認識を示した。

いいぞ下村さん。全面的に支持します。
これをやってこそまさに「第一歩」となると思います。

でも、冠が頼りないこと言ってます。

歴史認識問題、首相「批判、甘んじて受ける」(NIKKEI NET)
 「私が今まで述べてきたこととの関係で批判はあるだろう。その批判は甘んじて受ける」。安倍晋三首相は10日の衆院予算委員会で、歴史認識や靖国神社参拝などを巡り首相就任前の発言を軌道修正したことを事実上、認めた。民主党の前原誠司氏への答弁。

 首相は就任前に1995年の村山富市首相談話や従軍慰安婦問題に関する93年の河野洋平官房長官談話に否定的な見解を示していたが、就任後は「私も含め政府として受け継いでいる」と明言。肯定的だった首相の靖国神社参拝についても、自らの参拝は明らかにしない方針を示している。

 首相は10日の答弁で「見方はいろいろある」としたうえで「責任ある立場としては結果を出していくことが重要だ。今回、訪中、訪韓をすることによって首脳同士が率直な話し合いをできる関係をつくっていくことがまずは大切だと判断した」と説明した。

残念だが美しい国は当分先の話だな。
拉致問題の解決もできまい。せめてその道へ続く細い穴でも開けて欲しい。

共産党が一党独裁する軍事国家と、反日というイデオロギーが無いと
能力を発揮することができない不思議な人たちがたくさんいる国と、
そんな連中と「率直な話し合いを」するために、ウソを否定しないのか。
それが「美しい国」を作ろうとするトップの取る態度か。

失望したが、他の政党なら失望程度では済まないだろう。
我慢するしかないのか・・・先に書いたように細い穴を開けてすぐに
退陣してくれ。ついでに河野とか売国奴を道連れにして。
関連記事
スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

Blue Ribbon News

ブログ内検索

賛同

有害指定?

キッズgooはじかれサイト同盟
当ブログはキッズgooにより
なんと有害指定されています

NO MORE ASAHI!

朝日新聞購読拒否
ネタ以外で朝日新聞は読みません

文楽みくじ

「小倉百人一首」

問い合わせ先

カウンター

ブログランキング・にほんブログ村へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。