■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■再び坂の上を見るか

坂の上の雲」撮影も放送も3年(デイリースポーツ)

 NHKは18日、09年から放送する司馬遼太郎さん原作のスペシャルドラマ「坂の上の雲」の主要キャストを発表した。主人公の連合艦隊参謀・秋山真之に本木雅弘(41)、その兄、秋山好古役の阿部寛(42)、正岡子規を香川照之(41)、その妹役を菅野美穂(29)が演じる。作品は、09年秋から3年かけて全13回を放送。撮影期間に3年、1話あたりの制作費は、大河ドラマを上回る約1億円とみられ、空前のスケールとなる。
 「坂の上の雲」は、司馬遼太郎さんが1968年から72年まで新聞連載した国民的小説。明治時代を生きた若者たちの青春を描いている。NHKでは連載時からドラマ化を交渉したが、司馬さんの許可が下りず、司馬さんの死後、妻の福田みどりさんがようやくドラマ化を了承。03年1月、当時の海老沢勝二会長が「06年のドラマ化」を発表していた。
 しかし、脚本担当の野沢尚氏が04年6月に自殺し、脚本制作が延期に。さらに04年からは不祥事が相次ぎ、05年1月にはその海老沢会長が辞任。その後も受信料不払い問題などを抱えるNHKは、今回、視聴者への信頼回復の起爆剤にと、30年来の悲願を開局以来、最大級のプロジェクトで実現させることに踏み切った。

 放送は09年秋に5回、10年秋に4回、11年秋に4回と3年にわたって1話90分で放送。制作費は「1話あたり6000万円の大河ドラマを超える」と宣言。中国、ロシアなどでのロケを行うほか、CGも駆使して日清、日露戦争などをリアルに描くという。
 そのスケールに出演陣も奮起。バルチック艦隊を壊滅させた秋山真之海軍参謀役の本木こそ、「体力的にも精神的にも不安。でもおおらかに取り組みたい」と弱腰に話したが、正岡役の香川は「有名な横顔の肖像画に近づけるため減量する。限界にチャレンジしたい」と決死の覚悟。菅野も「3年間、気持ちを持ち続けようと思わず、素で演じたい」と目を輝かせていた。


ようやく動き始めたようですね。
原作ではそれほど存在感の無い子規の妹が、主人公の3人に並ぶとは。
テレビだからやっぱり色気が必要か(菅野にそれがあるかどうかは別問題)。
元々女ッ気のないお話だから、誰がやろうとどうでもいい。
とにかく素晴らしい作品にしてもらいたい。
少なくとも秋山兄弟と子規のキャストには異論はない。
良い人選をしたのではないかとまで思う。

そして、この内容いかんで受信料どうこうを考えようとしよう。
しっかり腹据えてつくれよこの反日電波局。
関連記事
スポンサーサイト

■コメント

■ [ポール]

払うかどうかは、この番組の出来次第です。

この前しつこくベルを鳴らす集金のおばはんに言ってやりました。
そのおばはん、「坂の上の雲」自体知りませんでしたけど。

まあ犬HK、首洗ってまってろ。

■ [橘]

 キャストはなかなかいいので頑張って欲しいですね♪

 あ、でもそれと受信料問題とは全く別だぞ、NHKちゃん(笑)

 ちゃんとした「国営放送」に生まれ変わったら受信料払ってあげるからね♪

 ホントダメダメ放送局だからな、犬HKだし(苦笑)
■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

Blue Ribbon News

ブログ内検索

賛同

有害指定?

キッズgooはじかれサイト同盟
当ブログはキッズgooにより
なんと有害指定されています

NO MORE ASAHI!

朝日新聞購読拒否
ネタ以外で朝日新聞は読みません

文楽みくじ

「小倉百人一首」

問い合わせ先

カウンター

ブログランキング・にほんブログ村へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。