■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■今日も何人か目的もって来てますよ、たぶん

文化財盗に「韓国ルート」、逮捕の韓国籍男が接点か(読売新聞)

 重要文化財の仏画を強奪しようとして、愛知県警などに逮捕、起訴された韓国籍の男が、別の窃盗団が盗んだ仏画を元の所有者に買い戻すよう持ちかけていたことが、同県警の調べで24日、分かった。

 同県警では、男の背後に盗品を扱う販売ルートがあるとみて調べている。

 逮捕されたのは、韓国籍の住所不定、金在七(キム・ジェチル)被告(48)(公判中)。2005年8月と昨年9月、愛知県御津町と福井県敦賀市の二つの寺で、国指定重要文化財の高麗仏画「絹本著色王宮曼荼羅図(けんぽんちゃくしょくおうきゅうまんだらず)」などを奪おうとしたとして、強盗傷害罪などで起訴された。

 金被告は一昨年5月にも来日し、兵庫県加古川市の鶴林寺を訪問していたことが判明。幹栄盛(みきえいせい)住職(69)をソウル市内のホテルに呼びだし、同寺で02年7月に盗まれた国の重文の高麗仏画「絹本著色弥陀(みだ)三尊像」を買い戻すよう働きかけたが、金額が折り合わなかった。

 金被告は愛知県警の調べに対し、「ソウル市内のカジノで出会った、自称会社社長の『朴』と名乗る人物から『3000万円で買い戻させれば、600万円の報酬を払う』と持ちかけられた」と供述した。

 ◆不明の重文、韓国国宝指定も◆

 韓国国内では1995年、骨董(こっとう)品の鑑定番組が人気となるのと時を同じくして、古美術品の盗難事件が急増。ソウル警察庁は昨年、韓国各地で仏像や仏画2358点、80億ウォン(約10億5000万円)相当を盗んだ男を逮捕した。一方、日本国内で盗難で所在不明となっている美術工芸関係の国指定重文は、文化庁の昨年10月の調べで52点(国宝8点)。

 長崎県・壱岐の安国寺から94年に盗まれた仏教経典「大般若経」は、韓国で95年、国宝に指定された。日本政府は、韓国政府に調査協力を依頼したが、ソウル中央地検は、最終的な購入者が盗品とは知らずに買ったもので、民法上の「善意の取得」と判断。経典は日本に戻っていない。

 文化庁によると、国内の文化財の警備状況は、博物館を除き手薄。「盗まれないよう自衛を呼びかけるしかない」のが実情だ。(ソウル支局・中村勇一郎、中部社会部・半田真由子)


こいつらの頭はこうだ。
日本のものは元々朝鮮のもの。
その上日本は朝鮮に酷いことをした。
だから盗っても良い。


全員がそうじゃないけど(←こう一言入れる優しさが日本人はにある)、
いないほうがちょっと良いと思いますよ。正直。
誰も盗みに来ましたなんて言いませんしね、実績積み上げてるから
その事実を公表して「だからあんたらアカン」って言うだけでええやん。


朝鮮強盗については、週刊誌に書かれた分だけでこれだけあります。
水谷まちこのSPAM大好き!「日本の文化財を盗む泥棒国家、韓国 --- 品性下劣な民族の正体」より抜粋

連続して発生する、重要文化財の盗難事件。 (週刊新潮10月13日号)
今度は鰐淵寺(島根県出雲市)が被害に! (2005年9月)

1994 安国寺(長崎県壱岐島)から国の重要文化財指定の「高麗版大般若経」が盗難。翌年に韓国の国宝284号に指定され、盗品は韓国に存在する事が判明。
1998 叡福寺(大阪府太子町)から高麗仏画「楊柳観音像」(重要文化財級) を含む仏画32点が盗難。韓国に渡った事が判明。
2001 隣松寺(愛知県豊田市)から阿弥陀如来の極楽浄土を描いた,県指定の重要文化財「絹本著色阿弥陀仏曼荼羅」など7点が韓国人により盗難
2002 鶴林寺(兵庫県加古市)から国指定の重要文化財「絹本著色阿弥陀仏三尊像」など8点が盗難。韓国人の犯行
2005 鰐淵寺(島根県出雲市)から「紙本墨書後醍醐天皇御願文」など国指定の重要文化財4点を含む,仏画や経典13点が盗難。


こういう連中がどんどん島国に入ってきてます。
今あなたの近くで、日本で起す犯罪についてニダニダ話している可能性は、
日本人が同じ話をしている確率よりぶっとんで高いでしょう。

そんな簡単にぼくのそばにそんな犯罪者をほりこまないでくださいよ。
普通の日本人の不安を煽らないで欲しいんですけど。
関連記事
スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

Blue Ribbon News

ブログ内検索

賛同

有害指定?

キッズgooはじかれサイト同盟
当ブログはキッズgooにより
なんと有害指定されています

NO MORE ASAHI!

朝日新聞購読拒否
ネタ以外で朝日新聞は読みません

文楽みくじ

「小倉百人一首」

問い合わせ先

カウンター

ブログランキング・にほんブログ村へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。