■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■やらないよりましか

相次ぐ映画制作… 超党派「南京事件の勉強会」発足(Sankei Web)

 1937年の南京事件から丸70年となる今年、事件を題材にした映画が海外で多数制作されることに危機感をもつ自民、民主両党の若手国会議員が、超党派の勉強会「南京事件の真実を検証する会」を結成した。史実に基づかない資料や、間違った認識に立つ表現に対し「国会議員が率先して反論することが重要だ」(自民党議員)との認識からで、26日から活動を開始する。将来的には、勉強会から議員連盟に発展させることも視野に入れている。

 勉強会には、自民党の戸井田とおる衆院議員や民主党の松原仁衆院議員ら、当選1~4期の衆参両院議員18人が名を連ねている。26日から3月上旬までに計3回、南京事件に詳しい東中野修道亜細亜大教授、藤岡信勝拓殖大教授らを講師に、「南京大虐殺」の証拠とされる写真や文書の信憑(しんぴょう)性を検証する。4月に中国の温家宝首相が来日するのを前に、日本側の「理論武装」と結束を図る狙いもある。

 南京事件関連の映画は、米国や中国などで計10作程度の制作が進められている。中国系米国人、故アイリス・チャン氏の著書「レイプ・オブ・南京」が下敷きになったものが多いが、同書は多数のニセ写真や事実誤認が指摘されている。

 勉強会の結成は、中国で抗日記念館の新設・拡充が急ピッチで進められていることも要因だ。2008年の北京五輪では、外国人観光客に中国側の一方的な歴史認識が流布される恐れがあると指摘されている。

 南京映画の製作ラッシュなど一連の動きについて、自民党の「日本の前途と歴史教育を考える議員の会」会長の中山成彬元文部科学相は、「中国による反日プロパガンダ(宣伝)だ」と指摘。今月9日から議連に南京問題小委員会を設置して事件の検証を始めたが、同様の危機意識は民主党の若手の一部にも共有されており、今回の勉強会へとつながった。

 7月には参院選が控えているが、ある民主党議員は「歴史、国益にかかわることに党派は関係ない」と話す。勉強会への参加呼びかけの対象からは共産、社民両党だけでなく公明党の議員も外された。「彼らとは中国、韓国に関して認識が共有できないことは分かっている」(民主党関係者)としており、将来の政界再編をにらんだ動きとの見方もある。

                   ◇


 ≪今年から来年にかけ上映予定の南京事件関連の映画≫

 タイトル       制作国

 「南京」      米国

 「南京浩劫」    米中合作

 「南京!南京!」  中国

 「日記」(仮題)  中国

 「黄石の子供たち」 米国

  題名未定     中国

  題名未定     米国

 「南京の真実」   日本


この件、ほんまに人間ってどうしようもないなと思います。
他人貶めてプロパガンダはく汚い人間、
それに乗ってウソ撒き散らす汚い人間
それをウソだと知りながら毒を広げる汚い人間。
ほんま汚い連中だと思うし、人間って・・・と思います。

それにしても日本の議員たちの動き、遅すぎ。
中国のプロパガンダを放置し、日本において陰に陽にそれを手助けした
最も汚い人間を追及せずに、ようやく勉強会レベルかよ。

ほんでもって民主党議員って誰なんでしょうね。
あのトミ子とかいうへんなのもいる民主党なんですが、
こういう普通の人もいます。
あまりにブレてるからイマイチ信用されないということに早く気づきなさい。

まあその次の文章からもわかるように、
社民共産と公明は同じくくりだと言うことがはっきりわかったから
よしとするか(笑)
関連記事
スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

■トラックバック

■怠慢な政治

仕事をきちんとしていない輩ばかり。この、南京問題にしたって、従軍慰安婦問題にしたって、極東裁判にしたって、全てに臭いものに蓋形式でやってきたツケでしょうが!つまり、対外的にも、国内的にもこれら全ての事項を真摯に受け止めて、検証し真実を暴き、さらけ出す事が

Blue Ribbon News

ブログ内検索

賛同

有害指定?

キッズgooはじかれサイト同盟
当ブログはキッズgooにより
なんと有害指定されています

NO MORE ASAHI!

朝日新聞購読拒否
ネタ以外で朝日新聞は読みません

文楽みくじ

「小倉百人一首」

問い合わせ先

カウンター

ブログランキング・にほんブログ村へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。