■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■死ぬまで傭兵

慰安婦問題:河野衆院議長「談話は信念をもって発表」(毎日新聞)

 河野洋平衆院議長は15日、従軍慰安婦問題に関する自らの官房長官談話(93年)の見直し論が自民党内に出ていることについて、国会内で記者団に「談話は信念をもって発表した。あれはあの通り受け止めてほしい」と述べ、不快感を示した。同談話は従軍慰安婦問題について旧日本軍の関与を認めて謝罪する内容。


薄汚い恥ずべき売国奴としてその名をとどめるであろう江の傭兵。
ここまで言ってしまうと、もう何をしようがその罪は償えない。
ここは共産中華とか半島朝鮮ではないので、死ねばその罪は、まあ
免罪扱いとなるが、後世の歴史はそうはいかない。
沢山の戦後政治家が後世、売国奴と認定されるだろうが、この江の傭兵も
相当な位置にランクされそうだ。

もう小物の息子がいくらがんばろうと手遅れだ。
関連記事
スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

Blue Ribbon News

ブログ内検索

賛同

有害指定?

キッズgooはじかれサイト同盟
当ブログはキッズgooにより
なんと有害指定されています

NO MORE ASAHI!

朝日新聞購読拒否
ネタ以外で朝日新聞は読みません

文楽みくじ

「小倉百人一首」

問い合わせ先

カウンター

ブログランキング・にほんブログ村へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。