■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■ただのアホではない

窪塚洋介猛反撃「井筒監督はアホ」(デイリースポーツonline)

 石原慎太郎東京都知事(74)が製作総指揮した映画「俺は、君のためにこそ死ににいく」(5月12日公開)のPR会見が19日、大阪市内で行われ、W主演の俳優・徳重聡(28)、窪塚洋介(27)と新城卓監督(63)が出席。特攻隊員を描いた作品で、井筒和幸監督(54)が「戦争の美化」と批判していることに対し、窪塚は「見る前に言うヤツはアホ」と猛反撃に出た!

 同時期に公開される2作で期せずして“映画戦争”がぼっ発した。窪塚は特攻を志願し、出撃する隊員の姿を熱演。自身も3年前、自宅マンション9階から転落した経験があり「簡単にはいえないけど、生きてることはありがたい」と、作品への思い入れは強い。井筒監督の批判に対し、窪塚は黙っていられなかったようだ。

 窪塚は「この映画を見て、戦争賛美だというヤツはアホだと思う。もう一回見た方がいい。見る前に言うヤツはアホ」とバッサリ。さらに「右だ、左だ、というけど、鳥は両方の翼がないと飛べないという思いで、日々、生きています」と“窪塚節”もさく裂させた。

 井筒監督は新作「パッチギ!LOVE&PEACE」(5月19日公開)の中に、「俺は-」を連想させる劇中映画を登場させた上、新作のPR会見の席上などで批判を展開。「戦争の美化はアカン。若者を右へならえさせたいだけ」などとこき下ろしていた。

 同じ映画監督として、新城監督も「映画を見てからコメントしてほしい。それがお互いの礼儀でありルール。パフォーマンスとしての発言は、やがて本人に返ってくる」と井筒監督への怒りをあらわに。「沖縄出身で国歌も聞いたことなく、上京しました。右翼というのなら、どうぞ。史実をとらえありのままに描きました」と強調していた。


こいつはもう後戻りできないはず。
日本がまともになっていけばいくほど、
食えなくなる上に社会的にも抹殺されるんやから。

そしてこいつはわかって反日してる単なる工作員。
「アホ」というより究極の恥知らず。精神の腐敗の局地。

>右だ、左だ、というけど、鳥は両方の翼がないと飛べない
へー窪塚って案外エエこと言いますな。
ただ今の日本は相当なレベルで左旋回しかしてませんけど。

>映画を見てからコメントしてほしい。それがお互いの礼儀でありルール。
三馬鹿に心を売った人間に「お互いの礼儀」なんかを求めたらあかん。
そんなもんは端から頭に無いんやから。
あちらにあるのは「礼儀」は「礼儀」でも完全なる自己中心の「礼儀」。
三馬鹿やこの井筒を見てるとよくわかるやん。
関連記事
スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

■トラックバック

■北京タクシー事情は五輪で改善するのか?

北京タクシー事情は五輪で改善するのか?日本ではそれほど氣にならなかったが、北京のタクシー事情は日本と大分違うらしい。特に驚いたのが、タクシー運転手の口がにんにく臭いといことだ(笑これは恐らく「中国」といお国柄が影響しているのかもしれない。その他に、タクシ

Blue Ribbon News

ブログ内検索

賛同

有害指定?

キッズgooはじかれサイト同盟
当ブログはキッズgooにより
なんと有害指定されています

NO MORE ASAHI!

朝日新聞購読拒否
ネタ以外で朝日新聞は読みません

文楽みくじ

「小倉百人一首」

問い合わせ先

カウンター

ブログランキング・にほんブログ村へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。