■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■どう応えるのだ日本人!

台湾有情 廟に響く君が代(Sankei Web)

 台湾南部の台南の郊外に、終戦前年の空中戦で米軍機に撃墜された日本海軍の零戦パイロット、杉浦茂峰少尉を祭る廟がある。「鎮安堂 飛虎将軍廟」。杉浦少尉は、集落への墜落を避けようと機体を引き起こして、間一髪でその惨事を回避したものの、自身は機銃掃射を受けて戦死した。

 勇気ある行動に感動した地元の有志が、「少尉の霊を慰めよう」と、1971年に小さなほこらを建立。「商売は繁盛。宝くじも当たる」といった「霊験」も広まり、ほこらは崇拝の対象となった。日の丸を掲げている廟内には、少尉の「神像」が遺族から贈られた遺影とともに祭られ、管理担当の曹芳さん(76)によれば、毎朝5時、村人が君が代を斉唱する。

 ところが、この君が代のCDが今年初め、連日の酷使に耐えきれず、不調になってしまった。「(年間1000人を超す)日本人参拝者の訪問時にも君が代は欠かせない」から、無理もない。

 これを知った台北在住の日本人駐在員、渡辺崇之氏(34)が先月、廟を訪れ、「日本人の勇気に手を合わせる台湾の人々に感動した。日本人として感謝したい」と新品を寄贈した。実はCDプレーヤーも寿命が近づいている。曹さんはしかし、「杉浦少尉は命をかけ村を守った。今度はわれわれが神となった少尉を守る」と話している。(台北 長谷川周人)


2002年に「鎮安堂 飛虎将軍廟」に参拝してまいりました。
記事に出てくる「不調になっ」たCDを自分も聴いています。

大朝日の手にかかるとどれくらいの左錐もみ的内容にされてしまうのか
ちょっと興味ありますが、まあここでは置いておきます。

さてここまで誠意を示してくれる台湾に、日本はどう応えることができるのだろうか。
そして自分には何ができるのだろうか。
関連記事
スポンサーサイト

■コメント

■ [ポール]

台湾は良いですよー
臭豆腐とかカエルの丸焼きとかは今でもだめですが、他はめちゃうま料理ばっかりですし。

『アジアの中で反日なのはシナチョンだけ』
これね、なんとなく空気でわかってきてる人は相当多いと思うんですけど、やっぱり大朝日、恐ろしいかな「まさかな」と考えてる人がほとんどのようです。特にネットから距離がある人。
この前の九州旅行の際の船の中でも、親の代からの朝日購読者(いやほとんど読まないと言ってたんで単なる購買者かな)にも熱く語ってしまいました。
やっぱり友人として素直に正直に「朝日はやめとけ」と誠心誠意伝えたいですしね。

■ [橘]

 私は台湾に行った事がないんですよ。
 六士先生のお墓とか、八田与一さんのお墓とか行ってみたいんですが…

 でも、朝日がいくら左旋回しても、『アジアの中で反日なのはシナチョンだけ』ってもうわかっちゃいましたからね(笑)

 CDラジカセ位寄贈するから、台湾人も頑張って(^^)
■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

Blue Ribbon News

ブログ内検索

賛同

有害指定?

キッズgooはじかれサイト同盟
当ブログはキッズgooにより
なんと有害指定されています

NO MORE ASAHI!

朝日新聞購読拒否
ネタ以外で朝日新聞は読みません

文楽みくじ

「小倉百人一首」

問い合わせ先

カウンター

ブログランキング・にほんブログ村へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。