■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■ほんま、頼む。

外国人研修制度:中国人1300人のビザ拒否 外務省(毎日新聞)

 外国人研修・技能実習制度で、法務省から日本入国を認められながら、外務省の在中国公館から査証(ビザ)発給を拒否された中国人労働者が、過去2年で1300人以上に上っていることが分かった。研修生は、中国企業から派遣されることになっているが、実際は勤務していないなどの不正が多発しているためだ。中国側はこの制度を「労働派遣」ととらえており、日本政府の方針と食い違いが出ている。同制度が国際的にも破たんし始めている実態が初めて明らかになった。

 同制度では、日本の受け入れ企業側が、法務省入国管理局から研修生の「在留資格認定証明書」を取得した上で、中国にある日本大使館・総領事館で査証を申請するケースが多い。同証明書は、中国の派遣企業や日本の受け入れ企業などを明らかにし、入国条件が正しいことを証明する。書類上問題がなければ発行されることが多く、証明書があれば、査証は最大でも1週間程度で発給される。査証は04年に中国人研修生約4万8000人、05年には約5万5000人に発給された。

 ところが、研修生の受け入れ事業を行っている複数の中国人によると、ここ数年、日本大使館・総領事館の査証審査が厳しくなり、同証明書の交付申請書に記入してある派遣元企業に電話連絡するなどして確認するようになった。昨年は中国大使館(北京)で約400人、在瀋陽総領事館と在大連出張駐在官事務所で各約200人、在上海総領事館約50人など、在中国公館で計800人以上が不許可になった。一昨年も500人以上が不許可になったという。

 不許可になった理由は、(1)派遣元企業が実在しない(2)企業はあるが、勤務実態がない(3)勤務していた人物と申請者の年齢が大きく違っていた--などだったという。

 外務省は「交流は促進しつつ問題のある部分については厳しくしている。査証の拒否の数など具体的なことはコメントできない」と話している。

 在留資格認定証明書を交付する際の審査について、入国管理局幹部は「チェックする人的態勢が弱いこともあり、受け入れ企業側の実態などが十分調査できず、書類上の不正を見落としているケースが相当多いと思う。査証審査が厳しくなったのは証明書に対する不信感があるのだろう」と話している。【外国人就労問題取材班】



共産党独裁中華軍事帝国と「方針」が合うわけなかろう。
どこまでイマジンしてるのだ?
ジョンが聞けば「それ、いい様に解釈しずぎ」ってつっこむぞ。

それにしてもなんだその「理由」は?
余りにもおちょくりすぎてんのとちゃうか?

中華の乞食どもを相手にする前に、日本で本当に困ってる人がたくさんいようが。

二階が必死になって解放軍を入国させようとしてるけど、
麻生さんの外務省が(本当にたまにだけど)少し阻止してくれてる。
やい外務省の贖罪意識のあるまともな役人よ、
今からもで遅くない、麻生さんは次期首相だ。
もう中華や半島の基地外左翼に民衆はなびかない。
自信もって日本のために働いてくれい。

ほんま、頼む。
関連記事
スポンサーサイト

■コメント

■ [ポール]

ほんまに日本人はお人よしというかなんというか。。。

その「お人よし」が結局は他の日本人に害を及ぼしてるんだから世話いりません。

■ [橘]

 何を今さらって感じですね。

 支那人は日本に『金儲け』に行くのであって、技能の修得とかには何の関心もないわけです。
 留学生も同様。
 日本語を覚えると『金になる』し、箔がつくから留学したがるわけで。

 手っ取り早く金儲けできるのは、汚い仕事か危ない仕事と相場は決まっています。
 だから、ほおっておくと支那人の犯罪予備軍がどんどん日本にやってくるわけですよ。

 日本が和菓子のようにあまーく考えているだけです。

 奴らは自分が儲かればいいので、日中友好だの両国の掛け橋だのという事は「お題目」としては唱えますが、信心はしてません(苦笑)

 それに騙される人は、新興宗教に騙されるのと同じくらいバカだということです。
■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

Blue Ribbon News

ブログ内検索

賛同

有害指定?

キッズgooはじかれサイト同盟
当ブログはキッズgooにより
なんと有害指定されています

NO MORE ASAHI!

朝日新聞購読拒否
ネタ以外で朝日新聞は読みません

文楽みくじ

「小倉百人一首」

問い合わせ先

カウンター

ブログランキング・にほんブログ村へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。