■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■どこに「先進」があるの?

安倍首相、中国のサミット正式参加を拒否 米・独と歩調一致(イザ!)

 安倍晋三首相(52)が先の主要国首脳会議(ハイリゲンダム・サミット)の際に行われた議長国・ドイツのアンゲラ・メルケル首相(52)との首脳会談で、中国の主要8カ国(G8)サミットへの正式参加は容認できないとの意向を表明し、メルケル首相も同意したことが13日、分かった。首相同行筋が明らかにした。日本の首相が中国のサミットへの正式参加を拒否する立場を公式に示したのは初めて。

 ドイツを含めて欧州のサミット参加国は、高度経済成長を続けつつ政治的にも国際的影響力を強めている中国の正式参加に前向きな姿勢をみせてきた。

 しかし、これに否定的な米国に次期議長国・日本とドイツが歩調を合わせたことを鮮明にしたことで、「中国のサミット正式参加問題は当面棚上げとなる」(外務省幹部)とみられる。

 会談でメルケル首相は、サミットへの中国の正式参加に対する日本の立場をただした。これに対し、安倍首相は「日本は認めない」と正式参加を拒否する考えを明言した。

 安倍首相は、その理由について、中国が(1)軍事費が不透明のまま19年連続で2ケタ伸び率となっている(2)スーダン西部ダルフールでの政府支援の民兵組織による大量虐殺を黙認し、スーダン政府を支援している(3)国際的なルールを守っていない-の3点を強調した。メルケル首相は「よく理解する」と同調する考えを伝えた。

 この発言について両国政府は会談後、「機微な問題」(首相同行筋)として記者団に公表していなかった。

■「常連」オブザーバー

 中国は2003(平成15)年の仏エビアン・サミットで胡錦濤(こきんとう)国家主席(64)がG8首脳と発展途上国との対話に出席するために初めて参加した。

 04年の米シーアイランド・サミットには、招かれなかったが、05年の英グレンイーグルス・サミット、06年の露サンクトペテルブルク・サミット、今年の独ハイリゲンダム・サミットと3年連続で「途上国枠」で参加し、正式メンバーでないものの近年は“常連”になりつつある。

 日本政府は、来夏に北海道洞爺(とうや)湖畔(こはん)を舞台に開かれるサミットに「中国を従来通りオブザーバーとして招待する方針」(政府関係者)という。


安倍さんやるやん。
あんな国が先進国だなんて、ちゃんちゃらおかしい。
日本にカネを返してから言えって話だ。

まあ「戦争をふっかけない」ってことで平和に貢献してるんやろうけど、
どう考えても、アジアはおろか世界の脅威であることには間違いない。
その脅威が共産独裁国家ってことも問題。

そしてそんな国に憧れている阿呆が日本にもたくさんいることが
究極的に大問題。


まあマスコミがこういう状態なんで、
知る機会を奪われているからなんでしょうが。
atsuのB級ニュース批評「国際社会は中国のG8入りを認めない」

 ところでこのニュース、日本の新聞では今のところ産経しか報じてないんですよね。これは由々しきことだと思います。せっかく首相がいい仕事をしたのに、こういうときは徹底的に無視するんですからね。朝日あたりは、このニュースを報じたとしても「日中友好に反する行為」だと論評するかもしれませんが、それでも取り上げないよりはマシです。(抜粋)


朝日や毎日ならまだしも読売もか?
まったく世も末ってこのこっちゃで。
関連記事
スポンサーサイト

■コメント

■ [ポール]

atsuさん、こんばんは。
ポールと申します。

そうですか、やはり「追随した社はありません」でしたか。
自民のアラを探す前に、己がまず自浄せい!って感じですね。
社保庁なみの信用のなさですよ、特にサヨク系。


橘さん、こんばんは。

もうはっきり中国とはとんでもない国だってこと、正直に堂々と言っても、一般の人に「ひかれない」環境を作らないといけませんよね。
本当にどうしようもない連中が多すぎです。

ま、崩壊したらあれだけ嫌いだった日本にやってくるんでしょうけどね。

■ [atsu]

どうもこんばんは、atsuと申します。
この度は、拙文を引用していただきましてありがとうございました。

今日の新聞各紙もざっと確認しましたが、このニュースに追随した社はありませんでした。
産経以外は徹底的に無視を決め込むようであります。

■ [橘]

 現在は私のブログでも毎日のように支那のひどい話題が出ますね。というより『載せざるを得ない』んです。

 レンガ工場での「人身売買・違法労働」はNHKでも取り上げました。
 そんな国が先進国なんてありえないです。

 今の支那では安倍さんに食って掛かる元気はないですね。体制維持が先決問題(しかもできない)ですから。

 支那崩壊したら、朝日とかは手のひらを返したように「私たちも中国の批判はしていた」とか言うのかも(苦笑)
■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

Blue Ribbon News

ブログ内検索

賛同

有害指定?

キッズgooはじかれサイト同盟
当ブログはキッズgooにより
なんと有害指定されています

NO MORE ASAHI!

朝日新聞購読拒否
ネタ以外で朝日新聞は読みません

文楽みくじ

「小倉百人一首」

問い合わせ先

カウンター

ブログランキング・にほんブログ村へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。