■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■応援

参院選:東條氏「日本と祖父の名誉回復のため出馬」(JANJAN)

 今月29日投票の参院選・東京選挙区に無所属で立候補予定の東條由布子氏が3日、日本外国特派員協会で記者会見し、「日本と祖父の名誉を回復するために出馬する」と語った。

 「極東国際軍事法廷(いわゆる東京裁判)」でA級戦犯として処刑された東條英機首相の孫が参院選に立候補するとあって、多くの外国人ジャーナリストが出席し、緊張感のある記者会見となった。

 安倍首相以上に「戦後レジームからの脱却」を訴えてきた東條氏は、戦後定説とされてきた「歴史認識」をことごとく否定した(以下、東條氏の発言を要約)―

東條英機首相の孫の記者会見に多くの外国人記者が出席した。

《従軍慰安婦》
 慰安婦という存在はあったが、従軍慰安婦という言葉や存在はない。軍が強制的に女性たちを「性奴隷」とした歴史は日本にはない。

《南京虐殺》
 日本軍はナチスドイツのユダヤ人虐殺のように南京で30万人を虐殺するホロコーストなど行っていない。20万人しかいない南京の地でどうして30万人も殺せるのか。

《大東亜戦争》
 祖父・東條英機も東京裁判の宣誓供述調書において「あの戦争は決して日本の侵略戦争ではない」と強調している。大東亜戦争は全面的に正しい戦争だったと私は考えている。もし間違いがあったとすれば、負けてしまったこと。祖父・東條英機に戦争責任があるとすれば、それは戦争を始めたことではなく、戦争に負けてしまったことだ。


具体的な政策については次のように語った―
・米国に対して原爆投下に関する非難決議を国会に提出する。
・首相には堂々と靖国神社に行って頂く。
・憲法改正を訴え続ける。


 信念のこもった東條氏のスピーチはやや長めだったが、会場が緊張感で静まりかえった状態は最後まで続いた。

続いて記者との質疑応答(抜粋)―

Q:久間防衛相の辞任をどう思うか?
A:いいことだ。(辞任させたことは)安倍さんの英断。

Q:広島・長崎の原爆と南京虐殺についての安倍首相の見解は?
A:安倍さんは原爆や南京虐殺についてコメントするほど勇気を持っていない。

Q:ムッソリーニの孫娘が(10年前)右翼政党から国会に立候補して当選した。その右翼政党は後に中道路線にシフトしたが、彼女は脱党し、右翼政治家を貫いた。シンパシーはあるか?
A:「日独伊三国同盟」で親近感は湧く(本人、会場とも笑)。だが私は決して東條の孫だからといって選挙に出たわけではない。福祉の分野などで仕事がしたい。

 東條氏同様A級戦犯を祖父に持つ安倍晋三氏が首相に就任して初めての国政選挙に、東條氏は立候補する。思想的に共通点も多い。東條氏は「戦後62年間沈黙を守ってきた」と言う。

 「安倍政権下で祖父の名誉回復を」との期待もあったのではないだろうか?筆者は尋ねた。東條氏は「それはない」と答えてみせたが「安倍さんは公認してくれなかった」と本音をもらした


安倍さんの中途半端さを見てると、ほんまに心配になってくるわ。

しかし東条さんの決断は、ぜひ応援したい。
残念ながら当方は大阪だが、是非とも当選してほしい。

特に「日本と祖父の名誉を回復するために出馬する」にはしびれる。

ありもしない「南京大虐殺」で父を殺人鬼とされたご遺族、
沖縄戦で命令者として民間人を死に至らしめたとされたご遺族、
彼らの「名誉を回復」するために、「A級」として祭り上げられた
東条さんの娘さんがついに国政の場に臨もうとされる。

これを支持しないでなにが「戦後レジームからの脱却」だ。
関連記事
スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

Blue Ribbon News

ブログ内検索

賛同

有害指定?

キッズgooはじかれサイト同盟
当ブログはキッズgooにより
なんと有害指定されています

NO MORE ASAHI!

朝日新聞購読拒否
ネタ以外で朝日新聞は読みません

文楽みくじ

「小倉百人一首」

問い合わせ先

カウンター

ブログランキング・にほんブログ村へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。