■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■まあ選手はがんばれ

北京五輪、大気も食品も不安…20か国が直前合宿に日本へ(読売新聞)

 今年は20年ぶりに夏季五輪がアジアで開催されるオリンピックイヤー。8月8日に開幕する北京五輪の直前合宿地として、日本を希望する国が相次いでいる。

 悪評高い中国の大気汚染や食の安全性への不安から、「滞在費が少々高くついても、最終調整は世界陸上などで実績のある日本で」という戦略だ。すでに20か国が名乗りを上げ、うち8か国は受け入れ先も決定した。

 夏ごろには、世界のトップアスリートが日本に集結しそうだ。

 日本オリンピック委員会(JOC)などによると、日本での合宿が内定しているのは米国、英国、ドイツ、フランス、アイルランド、スウェーデン、フィンランド、オランダの欧米勢。陸上や水泳、カヌーなどの選手が五輪直前の7~8月に日本入りする。


そもそもそんな国で五輪をする、ということになぜ疑問を呈しない?ヨミウリ。
そんな国でやる五輪に参加することをなぜそもそも問題にしない?ヨミウリ。
なぜそんな国で五輪を開催することになったのか。
政治と金と圧力と不正、さらには偏見と差別
本来はスポーツとは対極におかれるべきファクターが
大きく関係しているだろうことをなぜ報道しないのか。
我々の住む世界とはそういう汚いことが平然とまかり通る世の中だということを
なぜこの五輪を通して国民に知らせないのか。

そして、そんな汚い魑魅魍魎の世界で日本は生き残って行かねばならないと、
なぜ国民に問題提起しないのか。
関連記事
スポンサーサイト

■コメント

■ [ポール]

そうですね。
この暗黒大陸のでエセ平和の祭典の唯一の目的は、「支那の実態を世界に晒す」ことにつきますね。

帰国後の日本人選手の正直な、本当の発言にも期待しています。

■支那に [橘]

 金玉握られてますもんね、日本のマスゴミは。

 それでも一応やろうとはしてるんだ、国際社会は(苦笑)
 支那の実態を世界に晒すにはもってこい。
 国威発揚の場が彼らには諸刃の剣となります。

 『格の違い』を見せ付けとけばいいんですよ(笑)
■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

Blue Ribbon News

ブログ内検索

賛同

有害指定?

キッズgooはじかれサイト同盟
当ブログはキッズgooにより
なんと有害指定されています

NO MORE ASAHI!

朝日新聞購読拒否
ネタ以外で朝日新聞は読みません

文楽みくじ

「小倉百人一首」

問い合わせ先

カウンター

ブログランキング・にほんブログ村へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。