■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■このタイミング?

沖縄集団自決:女性史家、新版で「軍命令あった」の新証言(毎日jp)

 第二次大戦時の沖縄・座間味(ざまみ)島の集団自決について、那覇市の女性史家、宮城晴美さん(58)が、「新版 母の遺(のこ)したもの」(高文研)を30日に出版する。

 00年12月出版の前作「母の遺したもの」(同)は、宮城さんの母初枝さん(90年12月死亡)が生前に語っていた「集団自決を座間味村の助役が申し出るのを見た」との証言を掲載し、波紋を広げた。今回は前作をベースにしながら、助役が「軍の命令があった」旨の話をしていたとの新たな証言を追加し、助役の自発的な申し出を逆に否定的に見る内容になっている。

 宮城さんによると、村助役の妹が昨年6月、宮城さんに「兄は『軍からの命令で、敵が上陸して来たら玉砕するように言われている』と言っていた」と証言した。前作時にも取材したが、当時は証言が得られなかったという。

 さらに、助役の別の妹も「父が『もうどうにも生き延びられんのか』と言うと、兄は『軍から命令が来ているんですよ』と答えた」と証言したという昨年9月の沖縄タイムスの報道も盛り込んだ。

 宮城さんは、これらの証言から「助役が集団自決を申し出た」時より前に、軍が助役に住民を自決させるよう命令していた可能性が高いと指摘する。

 また、「住民が国の補償を得るために『軍命令』とする話を作った」という説にも反論。国が補償の調査を始めた1957年より前の55年に書かれた「地方自治七周年記念誌」(沖縄市町村長会)にあった「部隊長の命により、若い者は最後まで戦い、老人子供は玉砕するようにとのこと」との記述を収録した。

 宮城さんは「住民は勝手に死んだのではない。軍の責任は問われるべきだと訴えたい」と話している。

 2100円で、全国の書店で販売。問い合わせは高文研(03・3295・3415)。【三木幸治】

 【ことば】座間味島集団自決 米軍は1945年3月下旬、慶良間列島に上陸。座間味島では171人の住民が集団自決した。05年8月、同島の当時の戦隊長らが「自決を命令したと書かれ、名誉を傷つけられた」と、岩波書店と「沖縄ノート」の著者、大江健三郎さんを提訴。根拠の一つに宮城さんの母初枝さんの証言を挙げた。昨年12月に結審した。防衛省の防衛研究所は、初枝さんの証言などを根拠に、所蔵資料に「戦隊長命令はなかった」との見解を添付。今月になって「不適切」と見解を削除した。


なんか。。。
日本も日本人も、島の住民も、そしてお母上までも貶めてしまっている気がする。
日本軍の責任を問うなら、アメリカ軍の責任も問うたらどうだ。

このタイミングというのも胡散臭いが、大江が完全に腐ってるということが
ばれちゃったので相当あせってるのかもしれない。
それにしても、なにが哀しくてこんな話をどんどん広げていくのだろうか?
関連記事
スポンサーサイト

■コメント

■ [ポール]

橘さん、こんばんは。

「善意の解釈」をする善良な日本人をどれだけコケにすれば気が済むんでしょうね。
利用する中共なども外道ですが、国内で策動する連中もまた外道中の外道ですね。

「愚かな沖縄人」、自分たちをも貶めているということに気づいてないのでしょうか。。

■遅ればせながら [橘]

 なぜ日本では証言が有効な証拠となるのでしょう?
 ウソついてるはずがないという善意の解釈があって初めて成り立つのにです。

 軍の命令があったなら、ちゃんと書類が残っているはず。
 軍は内部機構としては『お役所』なんで、そういうものはきちんとしていないと命令としては出せません(これは現在でもそう)

 現在になって180度違う見解って、それは『作文』ですね(苦笑)

 愚かな沖縄人め、地獄に落ちろ。
■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

Blue Ribbon News

ブログ内検索

賛同

有害指定?

キッズgooはじかれサイト同盟
当ブログはキッズgooにより
なんと有害指定されています

NO MORE ASAHI!

朝日新聞購読拒否
ネタ以外で朝日新聞は読みません

文楽みくじ

「小倉百人一首」

問い合わせ先

カウンター

ブログランキング・にほんブログ村へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。