■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■やってないのに犯罪者扱い

「何を言っても…」 痴漢でっち上げ被害者心境語る(産経新聞)

 甲南大生らによる痴漢でっち上げ事件で、犯人に仕立てられ大阪府警に逮捕された堺市北区の会社員、国分和生さん(58)が13日、産経新聞の取材に応じた。取り調べでは「何を言っても信じてもらえなかった」といい、「こんな目にあう人が二度とないようにしてほしい」と訴えた。

 事件は2月1日午後8時半ごろ、仕事帰りに乗った大阪市営地下鉄御堂筋線の車内で起きた。天王寺駅手前でブレーキがかかり、国分さんが隣に立っていた女(31)と肩が触れた瞬間、女が「触りましたね」と声を上げ、泣きながらしゃがみ込んだ。そこへ、乗客をかき分けて甲南大4年、蒔田文幸容疑者(24)=京都市山科区=が「触りましたよね」と連呼しながら近寄ってきた。

 国分さんは誤解を解こうと、自ら天王寺駅で降りた。「助けてもらえる」との思いで足を運んだ駅の一室。「やってない」と訴えたものの、声を荒らげる警察官は「触ったやろう」と耳を貸さず、府迷惑防止条例違反で現行犯逮捕、阿倍野署に連行された。暗い留置場で、男手一つで育てた結婚前の娘たちが頭に浮かび、「犯罪者にされたら迷惑がかかるな」と一睡もできなかった。

 翌日も朝から取り調べが続いた。弁護士と接見して無実を訴えた後、午後6時にようやく釈放。迎えに来た3人の娘たちが駆け寄り、抱きついてきた。「こんなことになってごめん」。娘に見せた初めての涙。「いいよ、信じてるから」との言葉が支えになった。

 容疑が晴れたのは女が自首した後の2月中旬。女は交際中の蒔田容疑者から「示談金をとろうともちかけられてやった」と供述したといい、署の取調室で数人の刑事が「私たちもだまされました」と国分さんに謝罪した。その後、熊見裕署長から「このような事件がないよう一生懸命捜査します」と電話があったという。

 国分さんは「男性なら誰でも起こり得ること。周囲の信頼がなかったら心が折れていたかもしれない」と振り返り、取り調べに関して「何を言っても信じてもらえなかった。警察は最初にもっと言い分を聞いてほしかった」と話した。


最悪。ホンマ最悪。
この前、映画の「それでもボクはやってない」をテレビで見たが、
まさに警察は同じことをやっている。
非常に近い知り合いにも同じようなこと(ポリははじめから決め付けている)
を聞かされたことがあるが、実際に今でもやっている。

ぼくも2度も自転車泥棒に決め付けるような職務質問を受けた。
まあ人相の問題かもしれないが、警察とはそういうモノだ。
助けてくれと相談しても「まだ何も起こってない」という理由で
門前払いを食わされた経験もある。

警察も最悪やけど、このオスメスもどこまでも鬼畜。
厳罰をもって対処すべきだろうけど、たいした罰にはならんのやろうなあ・・・
まじめにやってる人間が報われない社会、ここでも表面化。

新しい偏見を産み出したと考えている女性専用者だが、
こんなことが起こるなら、男性専用車を作ってくれ。

・・・ほんま世も末。
関連記事
スポンサーサイト

■コメント

■ [ポール]

あらららら

コメント消してしまいました。。。
すいません。
なんか最近エントリも書きなぐりばかりで・・・・

昔のサイトの日記のほうがしっかり書けてたと思う。

■日本の裁判制度はアホ [橘]

 痴漢で冤罪が多くなるのは、日本の警察及び裁判制度がひとえに『被害者の証言を鵜呑みにする』からに他なりません。

 普通この手の犯罪は、被害者(原告側)に立証責任があるはずですが、日本では加害者(被告側)に「痴漢をやっていない」という立証責任があるというキチガイっぷり。

 痴漢の事実が立証できない限り、被告は推定無罪が法律の常識のはずです。

 最初から『女は平気で嘘をつく動物』だという事くらいはわかる程度の人生経験を裁判長が積んでないからでしょう(苦笑)

 そんな日本の裁判制度はなぜか『レイプ』は女に厳しい厳しい。
 逆だと思いますがね。
■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

Blue Ribbon News

ブログ内検索

賛同

有害指定?

キッズgooはじかれサイト同盟
当ブログはキッズgooにより
なんと有害指定されています

NO MORE ASAHI!

朝日新聞購読拒否
ネタ以外で朝日新聞は読みません

文楽みくじ

「小倉百人一首」

問い合わせ先

カウンター

ブログランキング・にほんブログ村へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。