■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■それではみなさんご一緒に(All Together Now)

<チベット暴動>西側メディアを「わい曲・虚偽報道」と非難(毎日新聞)

 【中国総局】中国国営新華社通信(電子版)によると、中国の報道関係者による全国組織「中華全国新聞工作者協会」が26日、チベット自治区ラサで起きた暴動に関する西側メディアの報道について、具体的な事例を挙げて「わい曲・虚偽報道を行っている」と強く非難する声明を出した。

 声明は、(1)西側の著名メディアは、救急車が映っている映像に「ラサに多くの軍隊」との説明をつけて「騒乱が続いている」と報じた(2)あるメディアは、事実を誇張して「チベット人数百人が殺害された」と報じた--などと指摘。

 また協会は、中国のジャーナリストの職業倫理の発展に努力を続けていると主張したうえで、「その一方で、一部の外国の同業者は、真実性、客観性、公正性という基本的なジャーナリズム精神に反している」と強く批判した。ただ、「虚偽報道を行った」とする報道機関を名指しはしていない。


「お前が言うな」

毎日新聞もネタ元さえはっきりしない記事を引用して
「具体的な事例を挙げて」などと「嘘偽」な報道を白々しくするんじゃない。

ラサに入れてもらうために、ごますりでもしてんのか?
どーせラサに入っても当局と共働して「わい曲・虚偽報道を行」うんやろ。
現地の人が決死の訴えに出ても、中華に慮る連中は彼らを見殺しにするのだろう。
「基本的なジャーナリズム精神に反している」ぞ、この毎日(日本を売る)新聞め。
関連記事
スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

Blue Ribbon News

ブログ内検索

賛同

有害指定?

キッズgooはじかれサイト同盟
当ブログはキッズgooにより
なんと有害指定されています

NO MORE ASAHI!

朝日新聞購読拒否
ネタ以外で朝日新聞は読みません

文楽みくじ

「小倉百人一首」

問い合わせ先

カウンター

ブログランキング・にほんブログ村へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。