■拉致問題

■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■実績知りたいな

漫画「めぐみ」をアニメ化 政府、拉致問題PRの一環(MSN産経ニュース)

 政府の拉致問題対策本部が、横田めぐみさん=拉致当時(13)=の拉致事件と、家族の救出活動を描いたドキュメンタリー漫画「めぐみ」(双葉社刊)をアニメ化して、近く公開することが19日、分かった。子供たちにも親しみやすいアニメを通じて拉致問題への理解促進につなげてもらうのが狙い。インターネットでも無料でダウンロードできるようにする。政府が漫画をアニメ化するのは異例だ。

 漫画「めぐみ」は、父、滋さん(75)と母、早紀江さん(72)が原作・監修、漫画家の本そういちさんが作画を担当した。平成16年12月から17年7月まで「漫画アクション」で連載され、前後編2冊の単行本としも出版された。

 作品は、幸せな家庭で暮らしていためぐみさんが拉致され、救出活動に奔走する両親の様子を描く。約30分の作品で、日本語のほか、英語、中国語、韓国語でも作成する。

 アニメはDVDとして各地の自治体や、在外公館などに配布。「一人でも多くの人に見てほしい」(拉致問題対策本部)として、コピー防止の措置はしないという。

 拉致問題への理解を呼びかけるため、政府はこれまで、めぐみさん拉致事件を描いたドキュメンタリー映画「めぐみ-引き裂かれた家族の30年」の上映権を米国の制作会社から購入、学校への無料貸し出しをしているほか、テレビCMの放送などもしてきた。

 滋さん、早紀江さん夫妻は「子供たちに、こういった事件があったのだと印象づけてもらえる。かわいい絵なので、若い人たちにもアピールできるのでは。大きな力になります」と話している。


政府GJ。
この程度は当然とちゅうか、普通の国なら別の手段で解決への階段を我々とは格段に違う
スピードで登ってることは間違いないんやけどね。

さて映画「めぐみ-引き裂かれた家族の30年」は学校で上映されているんやろか。
気持ちの悪い日教組どもに阻まれて実績ほとんど無しというのもまた、
普通の国では無い日本の今をわかりやすく表現しているということになるのだろう。
学生さん、映画「めぐみ」見ましたか?
戦場売春婦の話とか、有り得ない強さを発揮する帝国陸軍の話ばかりじゃないでしょうね?


是非ご購入してお読みください(amazonにリンクしてます)。
 

■「国民の皆さまと一体」

横田代表退任 後任に飯塚氏 拉致被害者家族会(産経新聞)

 北朝鮮による拉致被害者家族会が24日、東京都内で臨時総会を開き、横田めぐみさん=拉致当時(13)=の父、滋さん(75)が代表を退いた。後任には副代表で田口八重子さん=同(22)=の兄、飯塚繁雄さん(69)が就任した。

 横田さんは健康上の理由で代表を退任したことを説明し、「まずは肩の荷がおりた。これからは新代表とともに救出活動を続けたい」とした。

 新代表の飯塚さんは「政府や家族、国民の皆さまと一体となって、被害者の救出活動に当たりたい」と改めて国民に支持を呼びかけた。

 総会には9家族17人が出席。副代表には有本恵子さん=同(23)=の父、明弘さん(79)と、地村保志さん(52)の妻、富貴恵さん(52)の兄、浜本七郎さん(56)が決まった。

 また、蓮池薫さん(50)の兄、透さん(52)が副代表を退任した。

横田さん、お疲れ様でした。
これからもしんどい戦いが続くと思いますが、ぼくは応援し続けます。

跡を継いだ飯塚繁雄さんも69歳。
既に、ぼくが知る我が一族の誰よりもご高齢であられる。

一体いつまで、彼らのような高齢者にこの世の地獄を味あわせ続けるのか。
北朝鮮の鬼畜の所業を、日本のマスコミはなぜ報道し続けないのだろうか。
毎日少しでも必ず折に触れて報道し、
この事件を風化させないことがマスコミの使命ではないのか?

■これじゃあ信用されない

2児拉致事件、工作員の大半は日本国籍(NIKKEI NET)

 埼玉県の主婦、渡辺秀子さん(失跡当時32)の子供2人の拉致事件で、北朝鮮の工作活動拠点で事件の舞台になった貿易会社に在籍していた工作員の大半が日本国籍を持ち、日本旅券を使って海外でも活動していたことが13日、警視庁と兵庫県警の共同捜査本部の調べで分かった。

 同社の工作員が在日朝鮮人の妻や日本人との子ら、日本国籍を持つ20―30人を北朝鮮に送り、工作員教育を受けさせていたとみられることがすでに判明。警視庁などは北朝鮮当局が同社を使い、韓国など外国に入国して活動しやすい日本国籍を持つ男女を工作員として養成しようとしていたとみている。


こんなんやったらまじめに日本人になった朝鮮人も信用できへんがな。
有りもしない被害だけわめくんじゃなく、己による被害にも責任もて。

ほんま頼むでスパイ防止法。

■さて今日は

米歌手ポールさんが都内で会見「拉致は世界の問題」(Sankei Web)

 米国の有名フォークグループ「ピーター、ポール&マリー」のメンバーで、拉致被害者の横田めぐみさん=拉致当時(13)=にささげる歌をつくったノエル・ポール・ストゥーキーさん(69)が19日、めぐみさんの両親とともに都内で記者会見し、「(北朝鮮の)金正日総書記が曲を聴き、自分の家族について考えてくれたらいいなと思う。(拉致は)日本だけの問題ではなく世界の問題だ」と語った。

 めぐみさんの父、滋さん(74)は「世界の方々が聞いて、歌っていただくことが拉致解決の力になる」。母、早紀江さん(71)は「30年間めぐみのことを思い続けた思いが、そのまま流れてくる」と話した。

 ポールさんは、ギターを弾きながら「SONG FOR MEGUMI」を披露。目を閉じて聞き入る早紀江さんが涙ぐむ場面もあった。

 CDは21日、全国で一斉発売される。


ストゥーキーさん、ありがとう。
ベストのCD1枚だけ持ってるけど、今度聴きなおしますわ。

それにしても、
日本人の歌手とかはなにやっとるんだ?

今日も「意味プー」かな(笑)

■いや

<6カ国協議>拉致問題の進展なければ支援せず 安倍首相(毎日新聞)

 安倍晋三首相は8日、北朝鮮の核問題をめぐる6カ国協議の再開について「拉致問題の進展がなければ支援を行うことはできない。このことははっきりしている」と記者団に強調した。何を「進展」と評価するか具体的には示さなかったが「北朝鮮が誠意ある対応をしていると私どもが納得できなければ進展とは言えない」と語った。【渡辺創】


安倍さん、ちょっと違う。

「進展」じゃなくて、「解決」しないと意味なし。

■ガイシュツ

「拉致問題は右翼が扇動」? NYタイムズ紙が誤解生む記事(イザ!)
 【ワシントン=山本秀也】米紙ニューヨーク・タイムズ(17日付)は、北朝鮮による日本人拉致問題は日本の右翼勢力にあおられているとの記事を掲載した。「日本の右翼、北朝鮮の拉致問題で狂喜」と題するノリミツ・オオニシ東京支局長の記事で、安倍晋三首相の誕生も拉致問題を利用した結果だと述べ、下がり気味の支持率を浮揚させるため首相は拉致問題に関わり続けると結んでいる。
 同記事は、日本政府や拉致被害者の家族らが進める「北朝鮮人権週間」に右翼組織のメンバーが関与していると指摘。拉致問題への理解を訴えたポスターの図柄なども引き合いに出し、北朝鮮への危機感をいたずらにあおる内容だと批判した。
 さらに「日本の国外では拉致などとっくの昔に言いふるされた」問題と指摘。日本国内では「民族派の政治家やグループ」の画策でなお連日ニュースで取り上げられているとし、「拉致問題が憲法改正や学校教育での愛国心育成と同じ“右翼好み”の課題になっている」との見方を示した。
 記事は、拉致問題をめぐる「より穏健な声」が右翼勢力によって暴力的に封じられているとする一方で、安倍首相は支持率がかげると「政治的な生き残りのため、拉致問題にしがみつくことになるだろう」と述べた。
 記事は安倍政権と右翼勢力が一体となって北朝鮮の拉致問題を利用しているとの誤った印象を与える内容だといえる。

またオオニシか(棒読み)。

どこまで腐ってるんでしょうかね。
こいつ反日記事以外で存在を証明できないので実体はよくわかりませんが、
この腐りきった哺乳類を別の視点から取り上げた記事あるんですかね。

洗脳された日本人か在日か、それとも三馬鹿から送り込まれた工作員か。
日本政府もこんな基地外を雇って作文させているニューヨーク・タイムズに
公的に抗議したらどうなんだ。

■「硫黄島」も良いけど「めぐみ」もね


「めぐみ-引き裂かれた家族の30年」を観てきました。
横田めぐみさんご両親ご夫妻をはじめ、拉致被害者のご家族の計り知れない
御苦労と心の痛みがひしひしと伝わってきます。
北朝鮮、無策の政治家役人、無策に追い込んだ左翼反日、
この外道たちの罪は地球より重い。


日曜朝の上映だからか観客は30人から40人程度でした。
隣のスクリーンで上映していた朝鮮映画のほうが観客が多いという事実が、
この国が美しくないと総理が公式に言う理由だと思う。

どうしてこの国の世論は大きく動かないのだろう。
報道を扱うマスコミは本当にその意味を知っているのだろうか。
子を持つ親は一体なにをしているのだ。
親を思う子は一体なにをしているのだ。

■最低なやつ代表

【姜尚中】 横田夫婦がこの場にいても言える。『朝鮮人強制連行・徴用のことはどうして考えないのか』(2ちゃん)
■「拉致を非難する日本、強制徴用の話はどうしてしないのか?」

「いま日本で、北朝鮮批判は誰でもできる。幼稚園児でもできる批判を私までする必要があるか? 北朝鮮核問題や拉致問題を取り上げて無条件に北朝鮮を批判している世論を変えねばならない。在日同胞たちが
過去に日本に連れて来られたことに対しては何も言わないで、冷戦時代の拉致ばかり話すというのは矛盾したことだ。」

「しかし、最近の客観的状況が良くなっているとはいえ、全体的な状況は相変らず良くない。すぐに第2の朝鮮戦争が起きると言ってもおかしくない状況であり、このような状況は2・3年前から続いている。それなら私たちのように世界の中で暮らしている韓民族・韓人たちはどうなるか?」

すなわち姜教授は、こうした客観的状況を一層発展させてゆくために何より重要なことこそ、日本国内に暮らしている在日同胞、ニューカマーの意識改革だと力説したのだ。戦争ではなく平和、それも我々韓民族だけの平和ではなく「東北アジア共同の平和」だ。もちろんこれは、姜教授の長年のテーマでもある。<中略>

「いま日本は、全国民が拉致を取り上げて北朝鮮を非難している。しかし私は、たとえ横田夫婦がこの場にいても言える。『冷戦時代の産物が拉致なら、過去の帝国主義の産物だった何倍も多い朝鮮人強制連行・徴用のことはどうして考えないのか』、と。」

「私は、日本の言論・世論が一方向に突き進んでいる今日の偏向性を乗り越えるために、この世論を変えねならないとずっと思ってきたし、実践してきた。今までもそうだったし、今後もそうだろう。米国の外交路線の変化によって日本の外交はたぶん変わるが、日本国内の世論を変化させるためには、まさにあなたと私、私たちが努力しなくてはならないのです。」<後略>

http://www.ohmynews.com/articleview/article_view.asp?at_code=377183

いつまで続けるのだ朝鮮人。
もし本当のことを知らないなら、東大教授などという肩書きを自ら辞して
すぐさま半島へ去れ。
もし本当のことを知っているなら、貴様は正真正銘のクソ野郎だ。
さっさと半島へ去れ。

どちらにしろ、キョウショウチュウという朝鮮人は「人として最低なやつだ」。

そしてこの輩の言うことには、まだまだ日本国内で反日本破壊活動を続ける
らしく、そして他の朝鮮人にもそのように活動することを煽っている。

まあシンプルに言うと政治犯だ。

■他にも「命令」していいんじゃないか

安倍首相「被害者のため」拉致問題のNHK放送命令で[CHUNICHI WEB PRESS]
 安倍首相は24日、菅義偉総務相が北朝鮮による拉致問題を短波ラジオ国際放送で重点的に取り上げるようNHKに命ずる意向を示したことについて「北朝鮮で救出を待っている被害者のために何ができるかという観点からみんな考え、その中で適切に対処していくと思う」と理解を求めた。首相官邸で記者団の質問に答えた。

 首相自身が菅総務相に指示したか否かに関しては、明言を避けた。

 また、塩崎恭久官房長官は同日午後の記者会見で、「表現の自由、報道の自由はいつも守られなくてはならない」とした上で、「拉致問題は国の重要課題という観点から、(命令放送を電波監理審議会に)諮問することにした」と、問題はないと強調した。

日本以外の国なら戦争になるほどの問題だ。
政府からある程度の指示があるのは当然だと思う。

というか、放送局が独自に、自らの信ずる正義でもって
「重点的に取り上げる」ことをして欲しかった。

大衆的雰囲気で「そうだそうだ総連焼き討ちだ!」となるのも怖いけど。
(↑マアアツテモシカタナイトオモウケド)

朝日やTBSは彼らの信ずる正義で反日本工作を続けている。
日本の国内に、日本人の心を代弁する放送局が1つくらい欲しいものだ。

まあ犬HK、死ぬ気でやれ。
誠意が見えたら受信料支払いも考えてやろう。

■めぐみ-引き裂かれた家族の30年


めぐみ-引き裂かれた家族の30年

11月25日から全国順次ロードショーです。
お近くの劇場で、是非ご覧下さい。

日本人よ 一つになれ

■長く苦しい道のり

家族会のみなさんの御苦労はまだまだ続く・・・

安倍首相、横田さんらと面会…涙で解決に決意(読売新聞)
 政府は29日の閣議で、拉致問題対策本部を設置し、本部長の安倍首相は同日午後、首相官邸で北朝鮮による拉致被害者の家族や、その支援者と面会した。

 家族が拉致問題の早期解決を訴えたのに対し、首相は涙を流しながら、政府全体で取り組むことを約束した

 官邸を訪れたのは、横田めぐみさんの父の滋さん、母の早紀江さんら。首相は、塩崎官房長官を拉致問題担当とし、拉致問題担当の首相補佐官に中山恭子氏を起用したと説明した。

 そのうえで、「私の政権で、すべての生存者の奪還を目指し、全力で取り組んでいく。自分はこれまで努力してきたが、実っていない。(2002年に拉致被害者)5人が帰国した時の喜びを皆さんに味わって欲しい」と述べた。

 横田滋さんは「(拉致問題で)最強の布陣ができた。解決のためによろしくお願いしたい」と要請した。早紀江さんが「私たちは一介の庶民でしかないが、できる限りのことをがんばってきた」と語ると、首相はハンカチで目頭を抑えた。

 拉致問題対策本部は全閣僚がメンバー。内閣官房に専任の事務局を置き、被害者家族への支援や拉致問題に関する情報の収集・分析にあたる。10月上旬にも初会合を開く。

安倍さんには何よりもまず、拉致問題の進展を望みます。
人事にはその決意が見えますし期待もしています。
ヤバイ人も多いらしいんですが、足を引っ張らないで欲しい。

完全解決というのは長い年月が経っていることもあり、結構難しい。
北朝鮮という国家の崩壊と、それに関わった多くの朝鮮人と日本人、
その他諸々の諸悪事を全て暴きなおかつ厳罰に処し、
被害者を全て元の生活の場へ戻して初めて解決と言える。
残念ながら朝鮮人と関わった以上、まともな結果を望めるべくもない。
最終的には日本が悪いとしか言えない連中だから。

日本は今の状態でできる可能な限りの進展をこの政権で、何よりも優先で
やって欲しいものです。
なんと言っても、ぼくが北朝鮮に誘拐されても助けてくれないってこと
になるんですからね。そんなのおかしいからね。

■明るい展望

新内閣に拉致問題担当相を新設、安倍氏検討(読売新聞)
 安倍官房長官は18日夜の日本テレビの番組で、次期首相に就任した場合、新内閣で、北朝鮮による日本人拉致問題の担当相の新設を検討する意向を示した。

 安倍氏は、拉致問題について「交渉は外相が行うべきで、外交を二元化してはならない」と語る一方、「交渉だけではなく、救出とか、いろいろな対応も考えなければならない。被害者家族のケアもある。全体的に拉致問題を考え、担当する人がいてもいい」と述べた。

 安倍氏周辺では、拉致問題担当相を置く場合、帰国した拉致被害者の支援を担当した中山恭子・元内閣官房参与(66)を起用する案が浮上している。

 また、安倍氏は18日夜のTBS番組で、国家公務員の削減に関連し、「さらに地方の国の出先機関をもう少し整理・縮小、合理化できないか考えるべきだ」と述べた。2010年度までに国家公務員を1万8936人(5・7%)以上純減する計画に加え、さらなる地方機関の整理・縮小を目指す考えを示したものだ。

良いですね。明日当選決まったらいの一番に言って欲しい。
安倍さん時代に拉致問題が大きく進まないと意味が無い。

家族会へのフォローを考えると中山さんが最適なのかもしれませんが、
一度担当からは引かれた身。その引きかたもちょっと急すぎた感がある。
個人的には将来誕生する自民をベースにした保守政党の中軸にもなりえる
平沼さんにその重責を担ってもらいたい。
汚名とまではいかないが、郵政の煽りで受けた理不尽な半隠遁生活を
この日本人誰もが関心を持っている事件の解決に向けた活動で
帳消しにして欲しい。

麻生さんが外務大臣留任で平沼さんが拉致担当特命大臣、
そして総理が安倍さん、展望は明るい。

■我慢にも限界がある

【拉致】「日本政府、めぐみさん死亡事実を知っていた」(朝鮮日報)
 拉致者家族の会の崔成龍(チェ・ソンヨン)代表(54)は17日、「日本政府は日本人拉致被害者の横田めぐみさんが死亡している事実を確認していたにもかかわらず、これを意図的に隠ぺい・わい曲し、政治的に利用した」と主張した。

 崔代表は日本政府関係者の言葉を引用し、「日本政府はめぐみさんの遺骨であるとして北朝鮮から渡された遺骨を鑑定のために帝京大学に預けた時から、これを“偽物”とすることで方向性を定めた。しかしこの後、反北朝鮮世論が高まり引っ込みがつかなくなった」と述べた。また、「これまで会った日本の関係者らもめぐみさんの死亡についてすでに知っていたが、世論のために口に出せずにいる」と主張した。

アン・ジュンホ記者


嘘をつかないという嘘をつく朝鮮人ですから、完全に疑いアリです。
めぐみさんの夫(工作員)とその母親とのマッチングの際にも
非常に怪しい動きをしていた。日本人ならその薄汚さがわかるはずです。

ただ、記事を読んで素直にストレートに感情を表現するとこうなります。

○ね!チョ○野郎
○はもう精一杯ギリギリの自制です。

■芸能界にもブルーリボン

伊藤つかさがめぐみさん弟に50万贈呈(Sponichi Annex)
 ヒット曲「少女人形」で知られるタレントの伊藤つかさ(39)が31日、「拉致問題の解決に役立てて」と、横田めぐみさんの弟拓也さんと哲也さん=いずれも(37)=に、東京都内で同日夜開いたライブコンサートの収益から50万円を贈呈した。

 伊藤は最近テレビの時代劇などに出演し女優業が中心で、歌手としての活動は20年ぶり。北朝鮮による拉致問題にも強い関心を持ち、「何か力になれれば」と拓也さん、哲也さんをライブに招いたという。

 50万円は特定失踪者問題調査会の活動に使われる。

いいねー。良いニュースね。

遙か昔、小学生の一時期、アイドルに目覚めたわけでもないのに、
伊藤つかささんの下敷きを使ってました。
どこを向いても存在しないその美しさと清純さにときめいたのかも(笑)

画像はその当時の伊藤さんです。
今回のことといい、ぼくの目は間違ってなかったと証明できました。

芸能界にも拉致事件に言及されるまっとうな方がもっと出てきてほしいね。
バラエティとかクイズ番組でもブルーリボンつけてね。

伊藤つかさオフィシャルサイト

■朝鮮人には関わるな

訪朝意思正式表明へ 金英男さん母 韓国の家族団体 「救う会」を批判(西日本新聞)
 【ソウル6日原田正隆】韓国の通信社・聯合ニュースは6日、横田めぐみさんの夫とされる韓国人拉致被害者金英男(キムヨンナム)さんの母・崔桂月(チェゲウォル)さん(78)が8日に記者会見を開いて北朝鮮訪問の意思を正式に表明すると報じた。

 崔さんはこれまで「亡くなる前に一度でいいから息子に会いたい」「北朝鮮が来いと言うなら行く」と繰り返し強調し、5月下旬の日本訪問の際にも国会証言などで、その意思を表明。これに対し、めぐみさんの両親の滋さん(73)と早紀江さん(70)は「訪朝は北の幕引き作戦に乗ること」として思いとどまるよう説得していたが、今回、日韓両家族間の立場の違いがあらためて鮮明になった形だ。

 さらに、崔さんを支える韓国の拉致被害者家族団体「拉北者家族会」の崔成竜(チェソンヨン)代表は6日、聯合ニュースに対し「訪日した際、日本の関連団体が拉致問題を政治的に利用しようとしている印象を受けた」と述べ、名指しこそ避けたものの、あらためて日本の「救う会」などを批判。崔代表が日本の拉致被害者救出運動に強い疑問を投げかけたことで、両国家族会間の連携も難しくなりそうだ。

拉致というとんでもない犯罪に巻き込まれたことは同情しますが、
やはり朝鮮人だなという結論になってしまう。

「北朝鮮が来いと言うなら行く」
まったく、北朝鮮がどういう連中かをわかっていない。
日本の念仏平和教の類もお目出度いにも程があるが、こっちも相当なものだ。

例えば北朝鮮に行って、北にすっかり洗脳された工作員となった
キンヒデオと劇的に再会するシナリオを用意され、南朝鮮に帰国する。
もちろんキンヒデオは工作員、思い上がった母親をすっかり逆洗脳。
すぐに北朝鮮マンセー発言を連発して日本を批判。

恐ろしいが、こんなストーリーは簡単に考えられます。

残念なことに横田めぐみさんご家族は、どうやら朝鮮人と
親戚になってしまったようだ。
家族ともなれば無視はできにくいが、ここはできるだけ薄く、
帰ってくるまではあまり関わりあわないほうが良い。

キンヒデオがめぐみさんの旦那だとかなりの確率で決まったとき、
マスコミは韓国と共闘して拉致問題を解決に!などと報道していた。

ぼくはそんなにうまくいくわけないと思っていたがやはりそのとおり。
朝鮮人なのだ結局は。
連携など始めからしないほうが良い。
できれば別ルートから救出するに越したことは無いと思う。

これは近代日本がもっとも痛感した教訓である。
朝鮮人には関わるな。これは絶対に忘れてはならない。

Blue Ribbon News

ブログ内検索

賛同

有害指定?

キッズgooはじかれサイト同盟
当ブログはキッズgooにより
なんと有害指定されています

NO MORE ASAHI!

朝日新聞購読拒否
ネタ以外で朝日新聞は読みません

文楽みくじ

「小倉百人一首」

問い合わせ先

カウンター

ブログランキング・にほんブログ村へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。