■皇室

■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■きちんと議論しないのはそっちでしょうが

女系天皇反対に反論 首相「議論すれば分かる」(Sankei Web)
 小泉純一郎首相は27日夕、女系天皇を容認する皇室典範改正案への反対論について「女系天皇を認めないということは、仮に愛子さまが天皇になられた場合、そのお子さまが男でも認めないということだ。それを分かって反対しているのか」と反論した。
 首相は「よく議論していけば、この改正は必要だと分かってもらえる」と、今国会で改正案成立を図る方針に変わりがないことを強調した。
 反対派議員を“抵抗勢力”と位置付けるかについては「いや、それは議員個人個人の意見でしょう」と述べた。官邸で記者団の質問に答えた。
 安倍晋三官房長官は同日午後の記者会見で、自民党の青木幹雄参院議員会長らが改正案の国会提出に慎重対応を求めたことに「改正案作成後、自民党の部会や総務会、公明党でも議論してもらうことになる。了承が得られれば提出したい」と述べ、与党の了承を得た上で提出する方針を示した。
(共同通信) - 1月27日20時27分更新

わかってるっちゅうねん。
そうなったら「由々しき事態」やから反対しとるんやんけ。

よくまあそんな阿呆丸出しの反論できるわな。
まるでお隣のすっとぼけ大統領やないけ。
まず基本の理解ができていない。
靖国の問題で「本」を外した答弁をしているのも、理解していないからだろう。

この件にからんで色々な憶測が出ている日本期待の星である安倍さんは、
「与党の了承を得た上で提出する方針を示した。」んだそうですが、
ここで単なる小泉の言うがままの木偶ではないことを示して欲しい。


別の意味で日本の期待の星でもある参議院の鴻池さんは自身のサイトで
こう述べられています。 鴻池祥肇公式HP
 「皇室典範」の改正案に対して自民党だけではなく民主の中からも異論や心配する声が多く出てきました。「125代も続いた天皇の継承問題が由々しき事態」に対して小泉首相は今国会成立させると明言しています。「郵政」どころの話じゃなくなるような気がします。日本人の歴史観、内なる心の問題なのですから。

■その調子でいこう

典範改正案の国会提出に反対=日本会議国会議員懇(Yahoo.com)
 保守系議員でつくる「日本会議国会議員懇談会」(会長・平沼赳夫元経済産業相)は26日午前、参院議員会館で総会を開き、政府が今国会への提出を目指している皇室典範改正案について「拙速な国会提出に反対する」との決議を採択した。総会には自民、民主両党の議員ら44人が出席した。
 決議は女性・女系天皇を容認した有識者会議の最終報告について「男系による皇位継承の伝統を根本的に改変するものだ」と批判。「今国会に法案を強引に上程すれば、国論は分裂し、統合の象徴である天皇の存在意義を損なう恐れがある」と訴えている。 
(時事通信) - 1月26日13時0分更新

うんうんいいぞ。
期待通りの活躍です、平沼次期首相(候補)。
この44名は、社会党残党のいる民主党や媚中売国のいる自民党では
枠が小さすぎるのではないか(笑)。
確かこの日本会議、44名程度じゃなかったはずだけど、確か谷垣なんぞも
名を連ねていたはず・・・ちゅうことは本当の「日本」会議のメンバーは
この44名ということになるのか。
どっかにリストないのかな?


ちなみに先日実行したメール大作戦。
ぼやきくっくり「皇室典範~女系天皇阻止メール大作戦」
既に3日たちますが、返事があったのは次のお二方のみ・・・
松原仁代議士(民主:衆:東京3区)
鷲尾英一郎代議士(民主:衆:新潟2区)
選挙区の方、このお二人は投票に値します。

■女系天皇阻止メール大作戦実行

売国奴河野洋平の英雄伝であるエントリ
ぼやきくっくり「河野洋平~特定アジアにおける輝かしい功績」
も出色のできでしたが、今回はこちらを取り上げます。
(毎回毎回凄いエントリを書き上げます。この方恐ろしい方です)

ぼやきくっくり「皇室典範~女系天皇阻止メール大作戦」
 女系天皇を認める皇室典範改正法案は、この通常国会に提出される予定です。
 自民党や民主党が党議拘束をかけるかどうかはわかりませんが、とにかく法案が提出されれば数の論理で通ってしまうのはほぼ確実です。よって自民党の段階で法案をつぶす必要があります。

 つぶすために私たち国民が何ができるか?となると、皇室典範改正法案を扱う委員会の委員にメールを出して「法案を提出しないで下さい」とお願いして行くしかありません。ただ、現時点ではまだその委員が誰なのかわかりません(委員会は2月末~3月にかけて開かれると思われます)。

 とりあえず自民党の議員に宛てて、私たち国民の声を送っていきませんか。

エントリ内に議員のメールアドレス一覧のリンクがあります。
それを使って、ぼくもメールを送りました。

エントリの中でも問題点を的確にわかりやすく上げていただいています。
それを参考に、短くてもいいですから反対する旨のメールを送っていきませんか。
自分の言葉で書いて、こちらの気持ちを汲んでもらいましょう。

既に抜き差しなら無い事態になっているのだと思います。

「日本」は「日本」ですよ。

■あの駅が・・・

JR下関駅に大バカ野郎が火をつけた。
昨年の春に途中下車で少し散策した下関。
もちろんその駅から降りて、そして再び列車に乗り山口へ行ったのです。

その模様は、拙本家サイト H.S Homepage Travel から番外編2:西国7県(2005年4月)  
でどうぞ(^^;


JR下関駅放火 74歳男を逮捕(Sankei Web)
 七日午前二時すぎ、山口県下関市竹崎町のJR下関駅構内から出火、駅舎の木造部分や隣接する四階建ての乗務員センター、駅構内の飲食店舗など延べ約三千平方メートルを焼き、約三時間後に消し止めた。三角屋根の外観が独特だった昭和十七年建築の駅舎は、ほぼ焼け落ちた。駅とセンターには運転士や車掌、駅員ら宿直のJR社員計三十五人と、清掃作業員三人がいたが、全員が避難し、けがはなかった。

 下関署は、現場周辺をうろつき、火災の後、現場から三百五十メートル離れた駐車場にいた男を聴取したところ、犯行を認めたため、現住建造物等放火の疑いで逮捕した。

 逮捕された男は、住所不定、無職、福田九右衛門容疑者(74)。調べに対し、福田容疑者は「空腹でむしゃくしゃして、鬱憤(うっぷん)をはらすために紙に火をつけた」と容疑を認めている。各地を転々としており、「北九州から関西方面に行くつもりだった」と供述しているが、逮捕されたときには小銭しか持っていなかった。

~中略~

 昭和十七年の関門鉄道トンネル開通に合わせて建てられた駅舎は、木造のレトロな建物として知られ、街のシンボルになっていた。

昭和十七年に建てられたというシンボルを、畜生の浅はかな思い上がりで
あっいうまに無に帰して無くしてしまう。
一瞬今の女系天皇容認に流れている空気と同じものを感じてしまった。

それを作り出すには長い年月が必要だが、潰すのは簡単。
女系天皇を容認している方は、もう一度再考願います。
マジで。本気で。お願いします。
【皇室を崩壊させる女系天皇反対!】
日本の最後の砦、皇室が崩されようとしてます!
[女系天皇問題まとめサイト]
[皇統断絶問題TBセンター]
[女性天皇に賛成。女系天皇に反対!]
 ▼抗議の声をお願いします!
[首相官邸] [内閣官房] [自由民主党] [安倍晋三]
[平沼赳夫] [世耕弘成] [神社本庁] [伊勢神宮]



惜別の念を込めて、昨年5月にぼくが撮影した在りし日の下関駅の画像を。


■危機管理なってない

日本の周りは三馬鹿+ロ助ですよ。
そこんとこ、有識者と呼ばれる人は認識してるのだろうか。

皇位継承は長子優先 有識者会議で方針一致(Sankei Web)
 小泉純一郎首相の私的諮問機関「皇室典範に関する有識者会議」(座長・吉川弘之元東大学長)は21日、16回目の会合を都内で開き(1)皇位継承順位は男女に限らず天皇直系の長子(第一子)を優先(2)女性皇族は結婚後も皇室にとどまり宮家を創設―の方針で一致した。女性、女系天皇を認める報告書の骨格が固まり、議論は終了。報告書の文案を最終調整した上で24日の会合で首相に提出する。

 政府は報告書に基づき皇室典範改正案を次期通常国会に提出する。改正が実現すると、現行の「男系男子」に限定した皇位継承資格が女子やその子どもの「女系」皇族にも拡大、皇太子さまの次に愛子さまが皇位を継ぐ道が開けるとともに、伝統的な皇位継承制度は大きく転換する

 小泉首相は同日、「報告を待って来年の国会に提出できるように準備を進めている」と重ねて明言した。これに対し、男系維持を求める一部の国会議員や学者らは「皇室の伝統に反する」と批判を強めている。

 同会議では継承順位をめぐって「兄弟姉妹間で男子優先」案も検討したが、吉川座長は会合後の記者会見で「男子(誕生)を待つ期間が長くなるのは不安定で好ましくない」と指摘。長子優先は安定性に優れ「国民が幼少のころから将来の天皇として成長を見守ることができる」と強調した。

 また女性皇族の結婚後の身分や配偶者の扱いについては、現在の男性皇族と同様の規定にすると説明。結婚後も皇族にとどまり、宮家を創設することが可能になり、夫や子どもも皇族となる。

 ただ皇族が多くなると財政負担が増える懸念が残る。この問題については、皇太子らを除く皇族は自らの意思がある場合に皇室を離れることができる現行の「皇籍離脱制度」を活用して皇室の規模の適正化を図ることとした。(共同)

男系維持の強く願う方達にとっては、横暴とも取れる方針と打ち出し続ける
有識者会議。

今回も長子優先が方針決定されました。
小泉首相は、「報告を待って来年の国会に提出できるように準備を進めている」
と「明言した」そうですが、まさかこの有識者会議の結果を鵜呑みにするわけ
ないですよね。

議員が直接動かないで何のための立法府か。

議事録を読めばこの会議も結構な議論を交わしていることはわかる。
しかし余りにも拙速すぎる感がある。

もし、もし、本当にもしで考えたくも無いことだが、
愛子様の配偶者、いや他の女性皇族の配偶者に実質工作員がなってしまう
可能性さえ残されている。
公安を信じていないわけではないが、可能性はある。
非常に恐ろしく由々しき事態になりかねない。

三馬鹿などでは既に日本の皇室のっとり特殊部隊が組織されているかもしれない。
そういう国がまわりにあるということを、本当に認識いただいているのだろうか。

有識者会議は、女性ばかりか女系天皇の容認、長子相続を方針として決めた。
しかしあくまで参考レベルとして、国会でまともな判断を下して欲しいと思う。


ぼくの考えは、

女系天皇はもってのほか。
それはなぜかというと、反日の連中がそれを支持してるから。
明らかに反日行為だということは明白。

女性天皇は男性が存在しない場合はやむなし容認。

長子相続は反対。
あくまで男子優先で、男系維持を前提とすべし。

■祝! 紀宮さま御成婚



気持ちよく晴れました。こちらは大阪ですが。。
早速ベランダに国旗を掲揚し、準備万端。
今日はテレビから目が離せませんね。

紀宮さま、黒田さん きょう結婚式(Sankei Web)
 天皇家の長女、紀宮さま(36)と東京都職員、黒田慶樹さん(40)との結婚式が十五日午前、東京都千代田区の帝国ホテルで行われる。天皇家の内親王のご結婚は、島津貴子さん以来四十五年ぶり。同日午前中にも、宮内庁職員が婚姻届を、お住まい予定先の役所に提出する。

 午前九時五十分、黒田家の使者が紀宮さまを御所に迎えにあがる「入第(じゅだい)の儀」を経て、紀宮さまは皇居を離れて式会場の帝国ホテルに十時十五分過ぎに到着される。

 式は十一時から行われ、天皇、皇后両陛下、皇太子ご夫妻をはじめ、皇族方、黒田さんの親族らが出席。神前式で、斎主を伊勢神宮の北白川道久大宮司が務める。

 午後は二時から、お二人で記者会見の後、四時から披露宴が開かれる。内親王の披露宴に両陛下が出席されるのは異例。石原慎太郎・東京都知事が乾杯の音頭をとる。

 披露宴後、お二人は都内の新居に入り、新生活をスタートさせる予定。

 ご結婚を祝福する一般の記帳は午前十時半から午後二時まで宮内庁庁舎前の特設記帳所で行われる。入退出は坂下門から。


紀宮さま、黒田さん、おめでとうございます。

■続・もっともな疑問です

トラックバックをくれた方ありがとうございます。

ええい、ここに書いちゃおう。

ブログで情報収集!Blog-Headline:三笠宮寛仁さま、女性天皇容認に疑問…会報にエッセー

大東亞共榮軒:明治節のよき日に


さてさて「拙ブログ:もっともな疑問です」でとりあげた三笠宮さまの
ご発言の一部に食いついている方が結構いるようですね。


国民一人一人が、我が国を形成する『民草』の一員として、二六六五年の歴史と伝統に対しきちんと意見を持ち発言をして戴(いただ)かなければ、いつの日か、『天皇』はいらないという議論に迄(まで)発展するでしょう


民草と言われ、「けっ、何様だよ」という反応をいくつか散見しました。
何様って、宮様だよ。わからんのか?

って棘を立てても始まらない。
でもサヨク教育によって「平等」を勘違いさせられている人にとっては
反感を持ってしまうのかもしれません。
全ての人が平等で平和で暮らす楽園なんてモンはありません。
いわば全ての人が差別主義者であると言っても過言ではない。
「差別」という言葉がアレなので「区別」としてもいいが・・・

己が民草だという現実を突きつけられる心の準備がないのだろう。

しかしそれで十分ではないか、とぼくは思うのです。
市井で貧しくとも(たまに良い物を食べ)できる限り平和に
一生懸命生きていけば良いじゃないですか。
その基盤を安定させる仕事を皇室の方々に担ってもらってるんだから。

最近のお気に入りの言葉に「吾唯足知」という言葉があります。
「われただ足るを知る」
正に日本人に今必要なんではないでしょうか。
食べ物も権利も何でも、今の自分は十分に満ち足りていて幸せである
と認識しておかなければなりません。

民草に反応した方は、(他の多くの国々の人々に比べ)権利が十分過ぎるほど
与えられているということを忘れてしまっているのではないかと思ってしまい、
いきなり「続」を書いてしまいまった次第です。

最後にとても参考になったサイトを紹介します。
これを読んでももう一度天皇の価値と言うものをしっかり認識しましょう。

大人の無法地帯【Japan】さん:天皇の価値

■もっともな疑問です

三笠宮寛仁さま、女性天皇容認に疑問…会報にエッセー (読売新聞)
 三笠宮寛仁さま(59)が、自身が会長を務める福祉団体の会報で「女性天皇」に触れ、「歴史と伝統を平成の御世(みよ)でいとも簡単に変更して良いのか」と、疑問を投げかけられていることがわかった。

 皇籍を離脱した元皇族の復帰や、元皇族を女性皇族の養子として皇位継承権を与えるなどの方法により、男系継承を守るべきだとの考えを示されている。小泉首相の私的諮問機関「皇室典範に関する有識者会議」は女性・女系天皇の容認を打ち出し、最終報告書の取りまとめに入ったが、この問題について皇族が考えを明らかにしたのは初めて。

 寛仁さまの意見が掲載されているのは、福祉団体「柏朋(はくほう)会」の会報。寛仁さまは「とどのおしゃべり―近況雑感」という題でエッセーを連載しており、その最新号で「政治問題で口出し出来ないのですが、会報は市販されておらず“身内”の小冊子と理解し『プライヴェート』に語るという体裁を取ります」と断って「女帝問題」を論じられている

 寛仁さまはまず、「万世一系、一二五代の天子様の皇統が貴重な理由は、神話の時代の初代・神武天皇から連綿として一度の例外も無く、『男系』で続いて来ているという厳然たる事実」と強調。〈1〉皇籍離脱した元皇族の皇統復帰〈2〉女性皇族(内親王)に元皇族(男系)から養子を取れるようにし、その方に皇位継承権を与える〈3〉廃絶になった秩父宮や高松宮の祭祀(さいし)を元皇族に継承してもらい、宮家を再興する――などの方法を挙げられている。

 その上で、「陛下や皇太子様は、御自分達の家系の事ですから御自身で、発言される事はお出来になりません」とし、「国民一人一人が、我が国を形成する『民草』の一員として、二六六五年の歴史と伝統に対しきちんと意見を持ち発言をして戴(いただ)かなければ、いつの日か、『天皇』はいらないという議論に迄(まで)発展するでしょうと結ばれている。

 天皇や皇族は憲法上、政治的な権能を有しておらず、有識者会議はその意見聴取をしていない。

慎重に慎重を重ねられたご発言。心の内にあるご苦労が偲ばれますね。

さて新閣僚発表で女系天皇論への話題が少なくなってきてますが、
そうは問屋が卸しません。
以前から皇族の方の意見がそろそろ出るという雰囲気がありましたが
ここで出されました。
朝日や毎日が揚げ足取りをしないように
「『プライヴェート』に語るという体裁を取ります」とされています。

平和な日本をぐちゃぐちゃにしたいと思ってる共産党や朝日などの反日組織
は皇族の価値を貶めて日本特有の文化を破壊しようとしています。


有識者会議のおっさんは、知識だけの頭で考えて「仕方ない」だとか
「時代の流れ」だとか説明をつけているが、結果的に日本を破壊しようと
している勢力と同じ意見を言っていることになる、ということを忘れないで欲しい。
日本人は「専門家」という言葉に非常に弱く、有識者で専門家なんだから
そうなんだろうと鵜呑みにする傾向がありますが、
朝日や毎日のニセ専門家の意見をマッチポンプ式に取り上げるやり方が
どんどん白日の下に曝されてきた今、その考え方も変えねばなりません。
そもそもこの有識者会議は本当に専門家なのか、
という疑問もありますが、まあそれは置いといて。。。


これは単に跡取りを決めるだけの問題ではないのです。
ここが非常に大事な点です。

ベストは愛子さまの弟君のご誕生、
ですがこれは(ぼく程度が言及できる内容ではありません)。。。

元々宮家というのは皇族の継続たる男子を残すためという面もあるのだから
やっぱり不安にならない程度の宮家は置いておくべきと考えます。

税金の無駄使いなどではない。
金では絶対買えないものへの投資(言葉悪いな)なのだ。
敵である共産中国にODA出すくらいなら皇室費に回せば良い。
毎年3000億円を越す税金が共産党政府に流れる反面、
皇族費(宮内庁費の一部)はわずか3億円程度なのだ。

さらに韓国と過去を清算して、戦前からあるインフラなどを金で
返してもらえば良い。あちらがそれを望んでるんだから。
その金で皇族費どころか軽く原子力空母くらいは建造できるだろう。

そういうものに税金を使うなら文句はいわないよ。
役所で昼寝ばっかりしてるおっさんのスーツ代になったり、
天下るバカヤロウの退職金になったり、
共産主義者の団体の支援金になったりするのはもうよしてくれ!

って皇族の話がゼニの話になってしまいました。
正にピンからキリまでってことで、今日は終了です。

■必読だ

女系天皇容認に政府を初めお偉いさん方が固まってきてるらしいのですが、
ちまたではそうもいかないようです。

ぼくもはっきり考えが決まっておりませんが、
漠然と、「なんか大変なことになりそうな・・・」という不安があります。
できれば女系天皇は容認せず、男系で相続できるように配慮したほうが
いいのではないだろうか、と思っている程度です。
「できれば」「いいのではないだろうか」---こういうレベルです。

案外こういう方が多いのかもしれません。
「空気」がありますからね、そういう。

がしかーぁし!
そんなアナタに是非↓↓↓のブログを推薦します。
今すぐに飛んでください。ウチは閉じてかまいません。
時間の無駄です、さあレッツゴゥ!!!


ぼやきくっくっりさん「女系天皇は容認できない」
















おかえりなさい(ありがとうございます)m(_ _ )m

どうです?女系天皇容認がかなり危険なことが分かりましたか?

重要なメッセージを上記ブログから引用します。
 とにかく「時代の流れ」だとか「男女平等」だとか「愛子さまが天皇になれるならいいじゃん」で片付けられる次元の問題ではないということを、私たちは知っておくべきです。

 最初の方で私は、「女系天皇容認という日本史上初の大転換を図るよりは、旧宮家を復活させた方がずっといいと思うんですが、世論は理解してくれないでしょうね」と書きました。
 逆に言えば、この問題の基本をちゃんと理解さえしてもらえれば、「女系天皇、ちょっと待った!」というふうに世論の風向きが変わる可能性も十分あると思うのです。

 今これをご覧頂いている賢明な皆さん、ぜひ身近な方にこの問題の重大性を教えてさしあげて下さい。

みなさんも、身近な方にこの問題が与える影響の深刻性を教えてあげてください。

Blue Ribbon News

ブログ内検索

賛同

有害指定?

キッズgooはじかれサイト同盟
当ブログはキッズgooにより
なんと有害指定されています

NO MORE ASAHI!

朝日新聞購読拒否
ネタ以外で朝日新聞は読みません

文楽みくじ

「小倉百人一首」

問い合わせ先

カウンター

ブログランキング・にほんブログ村へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。