■憲法問題

■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■タイプ9条

【対馬が危ない】「問題起きたら対策考える」官房長官が安全保障軽視 (1)(2)

 長崎県対馬市で不動産が韓国資本に買い占められるなどしている問題で、河村建夫官房長官は20日の参院内閣委員会で、「具体的な動きが出たら(対策を)考える」と述べ、国防上の被害が出るまで、問題を放置するとも受け止められる答弁を行った。山谷えり子参院議員(自民)の質問に答えたもので、安全保障や領土問題という国家観を欠き、島民の安全を軽視した不謹慎な発言との批判が出そうだ。

 山谷議員は冒頭から、対馬問題について質問。河村官房長官が先月21日の記者会見で「日本の安全保障面からどうか、国として当然考える必要はある」と安保上の問題点を検討し直す可能性を示唆していたことに触れ、「今後、実態調査をするか」とただした。

 これに対し、河村官房長官は「基地の警備を含め自衛隊の運営は適切にされている」などとして当初の見解から一歩後退、調査する予定がないことを明らかにした。

 山谷議員が重ねて記者会見の発言の真意を問うと、河村官房長官は「わが国の安全保障に具体的な行動が起きたら(対策を)考えなければならない」と答弁。自衛隊や島民になんらかの被害が出るまで事態を放置する方針とも受け止められる説明に、一部議員からは「(海上自衛隊基地周辺の買い占めなど具体的な行動が)あるじゃないか。調べろ」との反発の声が出た。

 山谷議員は「具体的なことがあってからでは怖いので質問している」と前置きし、島民や自衛隊員からのヒアリングを含む実地調査を要請。憲法や法律で外国人による国境付近の土地買収を制限している韓国やメキシコなどの例をあげ、同様の新法や安全保障上必要な土地の買い上制度を制定する必要性を訴えた。

 河村官房長官は一連の答弁の中で「対馬の地域的な重要性を頭に置かねばならない」としながらも、「現時点では(土地買収を)制限する必要はない」とするなど、矛盾する説明に終始。「新法はこれからの検討課題」としたうえで、離島振興法の枠内で生活・産業基盤の整備を進める方針を示すにとどまった。(宮本雅史、池田証志)


 何かあってから考える。要するに何も考えないってこと。9条タイプの考え方だ。
 被害が出てから考えるということは、誰か犠牲になれっていうこと。人柱を要求しているのだ。なんちゅう恐ろしい考え方だ。9条はお前ら素直に殺されろと言ってるので、主張そのものだと言えばそうなのだ。実は恐ろしい連中なのだヤツらは。
 しかし日本には「言霊」もある。悪い事を言うと本当にそうなる、と言った考え方だ。
 これは日本人である以上無視はできないので、何かが起こることを考えてはいけない、となる思考もわからんでもない。9条タイプの連中はそれを利用して日本人に殺されろと言っているのだが、政治家に成りすましている工作員(コウノヨ*ヘイとかニカイトシ*ロとかフクダthe2ndとか)ならまだしも、普通の日本の政治家までがそうでは困る。
 
 最悪の事態という何かを未然に防ぐ、最悪被害を最小限にくいとめる、そういった政策を施しておかないと結局損を見るのは国民なのだ。政治家が言霊にとらわれていてはまともな政策ができるはずもまい。ましてや9条に狂わされている政治家なんて・・・

 ある意味究極の理想には違いないとは思うのだが、残念ながら9条は日本にとって、諸悪の根源とまで言えると思う。あくまで我々は人間だ。そのたかだか人間風情に「究極の理想」の実現なんてできやしない。何を思いあがったことしてんねん、というところだ。わきまえろということだ。

■麻生さんいつものGJ

集団的自衛権の行使容認を・麻生外相(NIKKEI NET)

 麻生太郎外相は3日、京都市内で講演し、政府が違憲と解釈している集団的自衛権行使について「日本がやられた時は米国が助ける。米国がやられた時に日本が逃げることで通るかどうか考えなければいけない」と述べ、容認する方向で検討すべきだとの考えを重ねて示した。(23:00)


今がおかしいってことは誰にでもわかりますわな。

自分がやられたときは友達が助けてくれる(と約束してる)。
その友達がもしやられたとき、自分はどうする?

助けるのが普通じゃないの。そうでなきゃただの卑怯者。

ちょっと傲慢で喧嘩っ早い友達だけど、ほんの数十年前に大喧嘩して
今でも陰険な意地悪をする友達だけど、近くにもっと酷い連中が入る中で
もっとも信頼できる、またはするしかない友達。

きちんと助けて上げられるような国になるための議論をどんどんやって下さい。
きちんと「NO」を言えるような国になるための議論をどんどんやって下さい。
大事な本来の仕事を放棄する野党連中、何が大事かわかってない。

■国民投票をやる護憲

とある筋からおしえてもらったマガジン9条というサイト。

ここで9条改憲についてのアンケートが行われています。
基本的に一人一票しか投票できないのでまあ現実に近い結果が、
でるのではないでしょうか。
護憲基地外による悪あがき(操作)がなければという前提ですが。

6つの意見から自分の考えに近い意見を選んで投票しますが、
このサイトの発起人がまた匂う(笑)
石坂啓(漫画家) 上原公子(国立市市長) 香山リカ(精神科医)
姜尚中(東京大学教授) きむらゆういち(絵本作家)
小林カツ代(料理研究家) 小室等(ミュージシャン)
斎藤駿(カタログハウス社長) 佐高信(評論家)
椎名誠(作家) ピーコ(服飾評論家) 毛利子来(小児科医)
森永卓郎(経済アナリスト) 吉岡忍(ノンフィクション作家)
渡辺一枝(作家) 渡辺えり子(女優/演出家/劇作家)/(50音順)

ほらね(^^;

上記サイトから投票結果をごらんになれば、この護憲組みがいかに
現実離れした浮世の存在かわかります。

あなたも是非、投票ください。
ちなみにぼくは「2」です。


念のため、05.12.31 4:57PM現在の結果をエントリに残しておきます。
「1」4823票
「2」4341票
「3」 324票
「4」 143票
「5」 449票
「6」 643票
現在の総投票数 10723票



■イマジンしずぎやで

いやもう朝からとんでもないものを見せられた。
今朝の新聞で見た全面広告・・・




憲法を変えて戦争へ行こう
憲法を変えるかどうか,とくに「戦わないこと,軍隊を持たないこと」を明記している9条をどうするのか,が問われている.9条の理念,底力,そして可能性とは? 多彩なメンバーが,それぞれの体験から,満を持して熱い思いを語る.国民投票,「徴兵制」などについてのコラムも掲載.


なんだこりゃ?
一体どこに「多彩なメンバー」が?

語るに足る人物といえば・・・
「シャル ウィ ダンス?」での名演も記憶に新しい渡辺えり子
まるで宇宙人かと思わせる若さと美貌を持つ吉永小百合くらいだろう。



憲法を変えて戦争に行こう



はあ?
ほんまイマジンしすぎやで(笑)

ジョンも歌ってますよ
[You may say I'm a dreamer]「夢見すぎって思うかな」(筆者訳)
って。

そんなこと言ってるとそう思われてもしょうがないね。
いつまで「夢見る人」でいるつもり?



続けてジョンは
[But I'm not the only one]「でも、オレだけやない」(筆者訳)
と歌う。

確かにジョン1人ではなく、
この本には18人もの人間が名を連ねているが、
もうニオイがぷんぷんしてくる人たちで一杯です。



平和ななんでも言えるぬるま湯の中で勝手なことをゆうてんとな、
えげつない軍拡を続ける共産党一党独裁の国にむけて反戦を叫ぶとか、
反日でしか結束できない隣国をやさしくたしなめるとか、
平和を乱す工作員を多数送り込んでいる隣国の同族国を糾弾するとか
他にやること一杯あるんとちゃうか?



ほんま朝から胸くそ悪いもんみせやがって岩波め

Blue Ribbon News

ブログ内検索

賛同

有害指定?

キッズgooはじかれサイト同盟
当ブログはキッズgooにより
なんと有害指定されています

NO MORE ASAHI!

朝日新聞購読拒否
ネタ以外で朝日新聞は読みません

文楽みくじ

「小倉百人一首」

問い合わせ先

カウンター

ブログランキング・にほんブログ村へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。